イタリアの高校

投稿日: カテゴリー: カラブリアのすゝめ

学校の話で続いていますが・・・
イタリアの高校はとっても特色豊かで、専門的な勉強をする学校ばかり。
Alberghiero(アルベルギエロ)と呼ばれるCuoco(コック)やCameriere(カメリエレ:ウェイター)になるため、サーブの方法、料理、食材の知識、テーブルマナー、伝統料理などを学ぶ学校、Tecnico(テクニコ)と呼ばれる、技術関係を学ぶ学校、D’arte(ダルテ)と呼ばれる様々なアートを学ぶ学校・・・
Liceo(高等学校・進学学校)でも、ラテン語やギリシャ語など歴史的な言語を学ぶ学校、外国語を中心に学ぶ学校・・・など。
15歳で将来何になりたいか、何に興味があるか、って決めるのはとっても難しい。
イタリアでは高校はある意味、『専門学校』と感じます。
もちろんどの学校でも、数学や歴史、イタリア語など普通教科も学びます。
しかも5年制なので、留年せずにストレートに進んだ子でも、卒業するときは18歳か19歳。
私服だし、その上道端でタバコをすっている子ばかり!(先生が注意する、とかないみたい[#IMAGE|S8#])
そしてイタリアの18、19歳は顔がもう大人で、ういういしさがない。
高校生(らしき)団体とすれ違うときは、彼らより10歳以上も年上の私が、ぜーったい同じ年くらいに思われてそう、という言葉をかけられます!
・・・それは良いとして。
私の義理の弟、アンドレア(17歳)は今、アルベルギエロの3年生。
3年生から料理人コース、ウェイターコースに分かれて本格的な勉強を始めます。
彼は悩んで悩んだあげく、料理人コースに決めました。
最近料理のほか、盛り付けの勉強や、飾り切りの勉強もしていて、よく家でもじゃがいもを薔薇の形に切るなど、練習しています。
最近作ってくれた一品。


牛肉にバルサミコ酢をきかせた一品。
なすのグリルをちゃんと綺麗に色づけて、上にはイタリアンパセリをちらして、とっても見栄えのいい一皿。
マンマの作る家庭的な味とは少し違い、レストランで食べる味がしました。
美味しかった!今度レシピをもらわないと・・・[#IMAGE|S49#] 頑張れアンドレア!巨匠と呼ばれるその日まで・・・!(チューボーですよ!風に・・・笑)

イタリアの高校」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして!
    カルボナーラのerieriさん経由でやってきました。in Calabriaの文字にひかれて。
    カストロビッラリにお住まいなんですね!私は2006年までカタンザーロに5年間住んでました。カストロビッラリには、だんなのいとこが住んでます。

    ブログをちょこっと見せていただいてびっくり!うちのだんなも、海底調査の仕事をしているんですが(潜水はしませんが)、yumiさんのだんなさまのようにいきなりプラットフォーム行きの海外出張とかしてます。
    この間は、危うくリビア行きが決行しそうになって、危なかったんですよ?。
    なんだかうれしくて、おじゃまさせていただきました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    natsuki-suzukiさま
    はじめまして!!コメントありがとうございます★
    カタンザーロに5年間住まれてたんですね!しかも旦那さまの従兄弟がカストロヴィッラリに住んでいるなんて!!
    その上旦那さまは、海関係のお仕事されているなんて!

    早速natsuki-suzukiさんのブログ覗かせてもらいました!
    とっても素敵な絵で、しかも優しくて、心が和んでしまいました~。
    絵画はこの辺り油絵だらけ(義理父はIstituto d'arteの先生)ですが、natsuki-suzukiさんのような水彩画が見ていてホッとします♪♪

  3. SECRET: 0
    PASS:
    チャットじゃないんだから!といいながら、またおじゃましま?す!ブログ、見て下さってありがとう!
    私は、yumiさんの「カラブリアの日常」をさーっと読ませていただいてました。そうそう!って、うなずきながら。
    シモーネさん、大工さん仕事が好きなところも我が夫にそっくり!

    さっき帰って来た夫に聞いてみたら、プラットフォームなどで、subのお仕事なさる方と一緒だったりするそうですよ。
    最近はどちらに行かれましたか?
    お義父さまの田舎のお家もステキですねえ!

    リンク、付けさせていただいてもいいですか?
    カラブリア発ニュースは、とっても楽しいので。
    実際はたいへんなこともいっぱいおありでしょうけど!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    natsuki-suzukiさん
    こちらこそ!!ぜひリンク付けさせてください☆★
    natsukiさんの旦那さまもDIY趣味でやられます??
    うちのシモーネは何でも自分で作る事をどこまでも諦めない男です(笑)

    もともとはRavennaにあるRANAという会社で働いていて、今はフリーランスになってImpresubという会社で、この間はサウジアラビアに行ってきました。(サウジの仕事は、プラットフォームではなくてガス関係?)

    natsukiさんのブログも楽しみにしています!!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ごめんなさーい、コメント欄独占です(笑)
    だんなに聞いたら、RANAもImpresubも知ってましたよ!
    ちなみにだんなの会社はFUGROっていって、オランダ資本の海底調査なんかの仕事してるとこです。
    来週の火曜日からは、やっぱり海底のガス官(っていうの?)の仕事でギリシャですって。
    ふだんは危ないとこばっかりですが、今回はギリシャ、うらやまし?。
    でも、長く残されるのは涙よね。1週間くらいならホッとするんだけど。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    natsuki-suzukiさん
    ギリシャなら近いし、場所も安心出来ますね?!!
    うちのシモーネはいつも、エジプトやらリビアやら、サウジアラビアやら。。。
    natsukiさんはお子さん二人いて、ご主人が出張に行かれると、大変ですよね。。?確かに1週間、2週間くらいならまだいいものの。。。
    長い時は2ヶ月くらいになっちゃうので、一人彼の家族にホームステイ状態です(苦笑)

  7. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。初めまして。
    高校の記事があったので、興味深く拝見しました。
    まさしく同じ状況です!
    Liceo1年生の娘のクラスには、留年組が3人いますし
    授業が濃く深く、宿題やレポートの量も半端ないので
    みんな勉強してますねー。でも週末はぱーっと遊んでます。
    アンドレアくんも立派なシェフになって欲しいですね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    emilia2005さま
    はじめまして!コメント有り難うございます!!
    Liceoというと宿題の量も半端ないんですね、、!
    義理の弟は、好きな事以外しないタイプなので、いつも留年ギリギリの成績らしいです。。
    彼を見ていて、「イタリアの学校は楽だな?」なんて、のんきな事を思ってしまったくらい、、!!
    でも好きな事は追求するタイプなので、いつか立派なシェフになってほしいと応援しております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です