イレアナ・マンマのお料理レッスン

投稿日: カテゴリー: マンマの郷土料理レッスン, イレアナ・マンマのレッスン

ユキキーナさんはマリアンナ・マンマのレッスンの翌日、今度はイレアナ・マンマのお料理レッスンへ。
さっそくドルチェから作り始めます。
ドルチェはボッキノッティ。場所により特にカラブリアでは”ボッコノッティ”と呼ばれるミニマフィンのようなお菓子。取り分けしやすいのが◎
早速シエちゃんが担当。[#IMAGE|S16#]

紙カップに生地を入れ、ジャムをのせ、また生地を被せます。


ヌテッラというヘーゼルナッツ・チョコレートクリームは欠かせないのですが、私はジャム派。
こんな風に出来上がりました!


セコンドはナスのリピエーネ。(リピエーネとは”詰める”という意味。)
イタリアの家庭料理には、中身をくり貫いて、詰めていくお料理が結構あって、パプリカやナス、ズッキーニと何でも詰め物にしてしまう。
下準備をして後はオーブンへゴー!そして見た目は豪華に見えるし、来客時などかなり使えます。
ナスを軽く茹で、中身をくり貫いて少々炒め、チーズや卵、パン粉を加えたものをまたナスの中へ。


上に軽くトマトソースを塗って、美味しさを閉じ込めオーブンへ。
冷めてからも美味しいナスのリピエーネ。カラブリア北部ではよく食べられるお料理です。


そしてプリモはえんどう豆とパンチェッタのパスタ。


シンプルでスピーディー、そして美味しい季節の味。
みんなで食卓を囲み、可愛い日本のシエナちゃんが「ポコ(少しでいいよ)」とか「アンコーラ(もう一度)」とイタリア語で話してるのや積極的にお手伝いする姿を見て、日本の子は素晴らしい!と大絶賛。
夜ご飯はユキキーナさん、旅の最終目標である、あるパスタを食するため、午後はお腹を空かせようとカストロヴィッラリの町へお散歩に行きました。
あっという間の4日間でしたが、とっても楽しく過ぎていきました・・。
日本の9歳くらいの子とあまり関わりがない現在の私。
遊びや話とかどういうのをしているの?と興味津々だったけど、私が小さかった頃と同じ「せっせせーのよいよいよい♪」などしていて、変わってない~!!と嬉しかったのです。
時代は変わっても思ったより子供っていつの時代も同じなんですねー。
ユキキーナさん、遠くまでいらして頂き、ありがとうございました~☆

イレアナ・マンマのお料理レッスン」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    しえなちゃん、頼もしいですよね~♪
    日本の子は素晴らしいと、話題になってると知り、思わず嬉しくてコメントしちゃいました♪
    カラブリアでのレッスンの様子・・ユキさんと友美さんのブログから、その充実ぶりが伝わってきて、私もまた行きたくなりましたよ~☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    isolalaさん♪
    そう!シエナちゃんは、頼もしいの一言につきます・・・!!
    みんながみんな、シエナちゃんみたいに素晴らしくないと思いますが、日本の子=お手伝い好き、とくくられてマス☆
    またいらしてくださいね~!!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    いえいえ、シエキチ、どちらかというと、素晴らしくないカテゴリーに属しているかと。。。でも、いつも連れ歩いているので、人見知りしないでイタリアに溶け込もうとしてくれるので助かっています。Poco が言えないと大変なことになる!っていうことを身をもってイタリア各地で経験したのかも。人間、必要な単語は覚えるみたいですね(笑)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    cibiyukikoさん♪
    そう!シエちゃんの素晴らしいところは、現地の人にも溶け込もうとするところ!小さいのに旅の醍醐味を知っているんですね~(*^_^*)
    イタリアではポコでもお皿に多く盛ってくる人も多いし、ポコポコポコ・・・と連発に限りますよね♪
    シエちゃん見て、あんな可愛い孫がほしいと、シモーネの両親から背中で言われているような・・・今日この頃です・・(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です