カラブリアの食卓 (山間部)

投稿日: カテゴリー: カラブリアの食卓

友達に誘われ、日曜日にSan Lorenzo Belliziという、ポリーノ国立公園に属する、山の上にある街へ、昼食に行きました。
この辺り、基本的に移動は「車」
街と街を繋ぐ道路は、とってもくねくねしていて、車酔いする人は、要注意です。
私はもともと車酔いはなかったけれど、ポリーノの山を目指すときは、車酔いしないか、少し心配になるほど。
カストロヴィッラリから車で1時間と少々ですが、途中から坂道を永遠のぼり、街をいくつか越え、やっと到着しました。
いくつかの家が集合した、街は下の方にありますが、ここは道なき道を登った辺り。


招待してくれた奥さんは、アグリツーリズモを持っていて、そこでの食事でした。


アグリツーリズモは、Agricoltura(農業)とTurismo(観光)が一緒になった、レストランとB&Bを足したもの。
カラブリアに限らず、イタリア全国にたくさん見られます。
お洒落なレストランというよりは、地元のmammaの料理が、リーズナブルに食べられるところ。
ここで家畜を育て、その家畜からチーズやプロシュートを作ります。そして野菜も、ワインも地元産。
場所によって、食べられるものは違うと思いますが、ここでは、お肉も野菜も、チーズもワインもプロシュートも生パスタもすべて、このアグリツーリズモ産でした。


またまたアンティパスト以外、写真を取れませんでした・・・。
食べることと、おしゃべりに夢中になってしまうのです・・。
続いて、パスタ、お肉料理と続いたのですが、なんとお肉はすべてミスト。
牛肉・豚肉・鶏肉・ラム肉・ヤギ肉・いのしし肉!!
汗水たらして育てたお肉だったのですが、ラム肉は食べれても、ヤギ、いのししは・・・・ごめんなさい。
都市のレストランでは、そこまでいろんな種類のお肉は出てきませんが、山のレストランにいく場合は、いつも何の肉か必ず質問します。
臭いで大体わかるんですけど、必ず聞いて、ヤギやいのししは避けてもらうようにします。
食べている途中、雨がザーっと降り、その後「雹(ひょう)」が降ってきました。


こんなに大きいのは初めて見ました!


イタリアは大都市でもたまに、雹が降るんです。
何でケーキでお祝いしているんだろう?と不思議でしたが、左の旦那さんと隣の奥さんの、お家の建築が終わったので、関係して仕事をした人、家族、親戚が集まっての食事のようでした。


食事、頂き終わって知るなんて・・・[#IMAGE|S8#] 食事後は雨も止んでいたので、ちょっと山をお散歩。
平和だな~。


方言が強くて、会話のうち分からない部分もありましたが、何にも関係ない私にも皆さん親切にしてくれました♪
作っている人も主催者の家族なので、食べて片付けてまた次のお皿が出てきて・・・とゆっくりの食事でしたが、それでも開始13時30分、アンティパスト・パスタ・お肉、お肉、お肉・・・フルーツ・ケーキと食べ終えたのが、18時30分。
こっちに来て、一番長い食事時間でしたー。
皆さんにお別れをし、帰りの途につきました。
その途中の街、Cerchiara(チェルキアーラ)に寄りました。
とっても可愛い教会と町並みで、気に入ってしまいました!


胃がもたれていないか心配でしたが、思ったより大丈夫♪
それでも今日は朝からジムで汗を流しました!

カラブリアの食卓 (山間部)」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    食事全部で5時間!!さすがイタリア!!いいね~♪

    チェルキアーラって街もキレイ☆

    次回カラブリア行ったときはぜひ立ち寄りたいわぁ☆☆☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    aya娘
    考えられないほど長いでしょーーー。
    私は、まだまだ続くの??!って感じだったけど、こっちの人達は何にも不思議がっていなかった (苦笑)
    チェルキアーラ、可愛い街なのよ!お散歩とちょっと食事に最高だよ☆
    ただ、着くまでの道くねくねしているから、チハルは大変かも。。!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です