カラブリア州の豚さん解体&保存食作り②

投稿日: カテゴリー: カラブリアで収穫

前回からの続きです。
3日目にやっと、腸詰開始!
と言っても、3日目の朝は豚さんのトリッパ(胃の部分)を綺麗に洗ったり、脂身の多い余計な部分もしっかり洗いジェラティーナを作る下準備をしたり、寒い冬なのに、冷たい水を使い洗わないといけないので、大変な作業です。


さすがに丸3日ほとんど同じメンバーで作業していると、皆さん疲れている様子。
冷蔵庫に入れて来週作業、と言うわけに行かないからみんなで協力しなければいけません!
大き目の腸を使い詰めていくのは、ソプレッサータです。


最初の2週間は重石を置いて余計な空気を抜いていきます。
細い腸はサルシッチャ!乾燥させてもOK、私はお土産にもらったので早速食べてしまいました!


カラブリア人の愛する、サルシッチャと葉野菜ラーペの炒め物。


サルシッチャやソプレッサータ作りには適切な脂身を入れることがとても重要です。
そうでないと硬いだけになってしまいますからね。。
ただ脂身が大きすぎるのは私は好みではないのですが、彼らのサルシッチャは本当にちょうど良かったです。
私たちが参加したのはここまで。
これから乾燥保存、ジェラティーナ作り、、、、まだまだ続いていくんです。
またサルシッチャやソプレッサータが出来る頃、覗きに行ってきます♪
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリア州の豚さん解体&保存食作り②」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    yumiちゃん、こんにちは?
    確か去年だったかな?初めてyumiちゃんのブログで豚の解体の記事を読んだ時、とっても衝撃的だったけど、大事な事を伝えてくれているような気がして、食べ物を頂く時の気持ちが引き締まったというか、より大事に頂かなければ・・・・と思った記憶があります。

    もう今年もそんな時期になったのですね~(一年ってなんだか早い!)
    私もとっても興味あるんだけれど、実際その場にいたらちゃんと見れるかな・・・^^;
    yumiちゃん、とっても貴重な経験をされていると思います。

    こうして伝統に従って一つ一つ無駄にすることなく、皆で協力して丁寧に作業する・・・。こういう現場を見ていると、ほんとに食への姿勢も変わってきそうだね。

    こうしてブログにアップしてくれる事で、自分の知らない世界も垣間見れて、色々考えさせられる機会になりました。ありがとう!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ミカさん、本当にそうですよね。お肉だけじゃなくて食べ物全てに対して無駄にしてはいけないですが、特にお肉やお魚は大切に無駄なく食べないと、と再確認させられる伝統行事です。
    自分たちの食べるものだからこそ、丁寧に添加物なく自然のものだけで作るなんて、贅沢だな~と思います。
    スローライフ、みんなゆっくりとのーんびり生活していると思いきや、働き者だらけです。特にこういう行事は家族協力しないと終わりませんからね!
    こうして少しずつ消えて行きそうな伝統を伝えていけたら、と思って私も続けていかないと、ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です