カラブリア料理 *お洒落版*

投稿日: カテゴリー: カラブリアのすゝめ

カラブリアで外食するときは、ザ・郷土料理、食べ慣れた味を好む人が多いですが、洗練されたシェフの味を試したいという人も中にはいます。
けれど、やーっぱり好きなのはマンマの味。食べ慣れた味。
そういうところを見ると、日本の食文化ってとても開けている。
田舎のお年寄りだってスパゲッティくらいは日常的に食べますよね。
そういう「あまり食に関しては冒険しません」という人が多いながらも、うちにはシェフの卵がいる。
斬新な組み合わせの料理や、カラブリア特有の物をうまく組み合わせてお洒落な料理を作る。
でもシモーネのマンマは新しい料理が苦手。
だから試作品は、いつもシモーネと私の元にやってきます。イエーイ
最近、近所のサラチェーナという町に新しくオープンした小ぢんまりとしたレストラン。
義弟、アンドレアがアルバイトを始めたことで知ったんですが、ボローニャの有名レストランで働いていた有望若手シェフらしいと聞いて、早速食べに行ってきました。
セモリナ粉のオーブン料理に甘いバルサミコ酢とクルミのソースが合わさったもの。


ウサギのお肉のクロッカンテと、カラブリア特産のリクイリッツィアを使ったソース。


リクイリッツィアは強い香りで消化に良いと言われていて、リキュールやキャラメルとして食べられるものだけれど、お料理で美味しいと思ったのは初でした。
Pappa al pomodoro、これは結構普通なお味。


ラパ・ロッサを使ったリゾット、これは本当に美味しかったー。


粉末ペペローネを使った赤いソースのパスタ。


最後におまけ、グリッシーニもパンも全部作っているそうです。

最後に、このシェフいい人で有能でこれからが楽しみなんですが、ここでも南北問題発生。
シェフとスタッフとして働いているシェフの彼女、ルーツはこの町、サラチェーナ出身なんだそうですが、
「ルーツはここ出身だけれど、ずっと北にいたから誰も知らないの~。
 (明らかに外国人の私を見つめながら)だから、私たちも彼女と一緒。
 私たちの料理がこの地方の人に受け入れられるか、まだ疑問もあるけれどね。」と言った。
一緒に行った友人は明らかに、シラーっとした顔していました。
南の人は、こういう上から目線で見られるのを、極端に嫌いますね。
私なんか全然鼻につかなかったけれど。
南の人って結構神経質かもしれません。自分の所の事を悪く言うけれど、他人から悪く言われるのは嫌う。

ま、それって人間の本性ですよね。
私はお料理に惚れて、またリピートしたいレストランでした!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリア料理 *お洒落版*」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ここ、私も次回のカラブリアルートに組み込みます! 美味しそうですね。確かに、カラブリアっぽくない洗練されたピアット。。(笑)。
    グリッシーニとシモーネ。おちゃめ♪です。
    忘れずにフオーコ・ディ・バッコもお腹を空かせて再チャレンジしたいですけどね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    見た目も洒落ていて美味しそうね。
    盛り付けもセンスがあるよね。

    >自分の所の事を悪く言うけれど、他人から悪く言われるのは嫌う。
    その通りです。私も同じだわと思いながら読みました・・・笑

  3. SECRET: 0
    PASS:
    レストランのお話より最後の写真が印象に残ってしまいました。シモーネのインパクトすげー(笑 お料理もさることながら、最後のショットは雑誌に載ってそう!!(笑 たまにこういうお料理を食べると幸せになるというか、家での盛り付けもお上品になりませんか?見よう見まねですけど(笑
    私もちょうど美しいお料理について書こうと思っていたんです!近いうちに記事書こうっと♪

  4. SECRET: 0
    PASS:
    yukikoさん♪
    カラブリアの特産物をうまく組み合わせたお洒落な料理でした~!
    ぜひご一緒に行きましょう!(^^)! でもこういう洗練されたピアットカラブリア人にはそんなに好評じゃないんですよねー。たまには変化を。という考え一切ないところですから(笑)
    Fuoco di baccoも外せませんっ!少し前に行ったら、前より辛くなってました・・・シェフの気分で辛さが変わるようです(苦笑)

  5. SECRET: 0
    PASS:
    長友さん♪
    カラブリア人、とっても人間らしいんですよね。
    自分では文句言ってほぼ全否定の人でも、他人特によそ者に文句を言われるのが大嫌い(苦笑)
    この辺りでは珍しいお洒落な料理でした♪

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ナビアさん♪
    できればシモーネの顔、消したかったんですけれど・・苦笑。
    私の力では無理でした・。シモーネってお調子者で、写真とか変な顔で変なところにしか写らないんですよね。
    盛り付けも気にしてみるのも1日のみ。3日続かないんですよねー笑。
    お皿についた余計な油をちゃんと拭かないとダメですねっ!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    グリッシ―二とシモーネさんの写真、めちゃいい~笑!
    どのお料理も盛り付けも洗練された感じですね。シェフはボローニャで働いてた・・とのことですが、どちらのレストランだったんだろう・・と少し気になったりして。^^
    このリゾット、すごく美味しそうです。お菓子ではなく料理でリクイリッツィアを使ったソースというのがとても気になります。。味がどんなのだろうと。
    また行く機会あったらレポートお願いしますね!にしても、シモーネさん最高!笑

  8. SECRET: 0
    PASS:
    ミカさん、本当どちらのレストランなんでしょう??
    ちょっと義弟のアンドレアに聞いてみますっ!(^^)!
    Gambero Rossoでいい星がついているところって言っていましたけれど、ボローニャならいくつもありそうですね♪
    リクイリッツィア、とても強い味なのでお料理になかなか使うの難しいんですけれど、ほのかな風味でいい感じでした♪
    うちのシモーネ、こういう顔ばかりで、普通に写っている写真がないんです・・。まぁ、顔からするとコメディアン顔なので仕方ないですが 笑!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です