カルチョーフィの季節になりました!

投稿日: カテゴリー: カラブリアの食卓

今年はクリスマスもお正月も日本で過ごしたので、パネットーネを食べずにフェスタが終わってしまったことに、最近気づきました。
※パネットーネとはクリスマスに食べる、ドライフルーツの入った大きいめのパン菓子です。
 クリスマスシーズンになると、スーパーマーケットには様々な種類のパネットーネが売られます。


2ヶ月も空いてしまうと、何となく季節感が狂っており、マーケットに行ってカルチョーフィを見たとき、
もうこの季節になっていたことに、驚いてしまいました。
そうですよね。
もう2月だし、そろそろカーニバルだし、その後はパスクワ(復活祭)だし、春はもうすぐ??!!
早速私達にとって、今年一番のカルチョーフィを購入し、パスタと一緒に頂きました[#IMAGE|S56#]

硬い外側の皮はどんどん取っていきます。
カルチョーフィの下処理をすると、こんなに皮が残ります。・・・


カルチョーフィは食べやすい大きさに切ってから、水で洗ってレモン汁に付けておかないと、
あっという間に茶色く、新鮮そうじゃない色に変化していきます・・・。
なのでさっさっとレモン汁を混ぜました。これで安心。


シンプルにオリーブオイルににんにくの香りをつけて、カルチョーフィを炒めます。
水を少し足して、カルチョーフィがやわらかくなるまで、火にかけます。
あとはパスタを茹でて、お好みでパルミジャーノをかけるだけ。


ごぼうのような冬野菜の味がするカルチョーフィ。
小麦粉にまぶして、軽くオリーブオイルで揚げても美味しい、カルチョーフィ。
苦手な冬も、カルチョーフィのおかげで少し楽しめる、かな・・・[#IMAGE|S49#]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です