クリスマスに作ったマンマの焼き菓子たち

投稿日: カテゴリー: マンマの郷土料理レッスン, イレアナ・マンマのレッスン

日本にいると、イレアナマンマと作ったドルチェが遠い昔のような気がしますが、せっかく写真があるので、
アップします。
マンマはいつも豪快な性格ですが、ドルチェを作るときは特に豪快になります。
作り方や測り方が豪快なのではなく、作る量が、種類が豪快なのであります。

田舎のマンマだから?と思っていたのですが、日本で「サルデーニャ!」の本を見て納得。
サルデーニャの女の人は特に、1度に何種類も作るのが伝統のようでした。
そしていろんな人におすそ分けをするのが通常です。
人の集まるクリスマスにいざ!用意しました~。
まずはサヴォイアルディ(Savoiardi)、ティラミスを作るときに使われる軽いビスケットです。
イタリアではスーパーで安く売っていますが、手作りのサヴォイアルディは一段と美味しいのです!




これはOcchio di bue(牡牛の目)という名のジャム入りのビスケットです。


穴のあいたビスケットとあいてないビスケットを、ジャムを塗って重ねていきます。


これもシンプルな材料なのに、とーってもやみつきになるビスケットです。
カストロヴィッラリのクリスマス伝統菓子、Ciotaredda(チョタレッダ)


ヴィンコット、クルミ、干しブドウの入った自然な甘さのお菓子で、地元っ子には超人気のお菓子。


焼いてから、砂糖加工し、赤い砂糖を付けるのも伝統です。


そしてよく作るカラブリアのマフィンこと、ボッコノッティ(bocconotti)


これを小分けして、お世話になった人や親戚に持っていきました♪
イタリアのクリスマスは、子供だけじゃなく家族や友人、お世話になった人にもプレゼントを渡す習慣があります。
ただ、金銭的にみんなに素晴らしいものは買えないので、ちょっとしたプレゼントをしますが、
やっぱり趣味に合わなかったり、同じようなものが二つになったり大したものじゃない。
だからこそ、伝統菓子の詰め合わせの方がきっとみんな喜ぶと!
いやに納得してしまいました・・・笑
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

クリスマスに作ったマンマの焼き菓子たち」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    う~ん、どれも美味しそう♪
    サヴォイアルディから作るティラミス、美味しそすぎますっ!
    サルデーニャの女性って、すごく手先が器用なイメージがありますね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    どれもこれも美味しそう♪お菓子作りの
    修業に行きたいくらいです。
    私は特にジャムを挟んだビスケットが大好きなのね。
    お菓子の二木に買いに行くくらいです・・・笑
    yumiちゃんのマンマに弟子入りして思う存分、作って
    食べたいなぁ~。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ユキキーナさん♪
    昨日はありがとうございましたー!!とっても楽しかったです!(^^)!
    そして本当に美味しかったー(ため息もんです 笑)
    実際イレアナマンマがティラミス作るときは買ったやつなんですけれどね。自分で作るサヴォイアルディは朝食に最高です!パパなんかそれだけで朝起きるのが楽しみみたいです(苦笑)
    そうですね!サルデーニャの人は、手先が器用ですよね!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    長友さん♪
    このジャムを挟んだビスケット、とーってもシンプルなのに美味しいんですよねー。いろんな種類があっても、いつもこのビスケットを選んでしまうんです(笑)
    しっかり上手に作れるようにして、長友さんにおすそ分けしたいですー!!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    サヴォイアルディから手作りで作ってしまうってすごいですね~
    これで作るティラミスは最高でしょうね^^しかし、どのお菓子も素朴で味わい深い感じがして美味しそうです♪
    食べ出したら止まらない・・って感じかな?^^

    しかし、初めて聞く名前のお菓子も多くて、その土地土地の郷土料理もだけど、お菓子もほんとたっくさんありそうですよね~。そんなカラブリアのお料理やお菓子、またどんどん紹介して下さいね。楽しみにしています☆

  6. SECRET: 0
    PASS:
    Bolognamicaさん♪
    自分で作ったサヴォイアルディはティラミスに使わないですけれどね。実際作ったら確実に美味しいですよねー!次回多く作って、ティラミスに使ってみます★
    素朴ですけれど、日持ちもするし止まらないー!そして朝食にいいですよねー。甘いものの朝食がイタリアにいるとOKになるのが不思議です(笑)

  7. SECRET: 0
    PASS:
    遅くなりましたが…
    あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします♪

    先日、カラブリアに親戚のいる生徒さんから、カラブリアで買ったというトローネをいただきました。
    トローネ、実はあまり好きではないのですが、このトローネは本当に美味しくて、たくさん食べてしまいました。笑

    そして、私のダンナはFirenze生まれ、Firenze育ちなのですが、両親のオリジナルはサルデーニャ。
    なんだか、また親近感が沸いてしまいました。笑

    手作りサボイアルディ、本当においしそうですね~☆

    今年もyumiさんのブログ、楽しみにしています♪

  8. SECRET: 0
    PASS:
    シェコさん、明けましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いしますねー^^!!
    トローネ甘すぎるのは私もあまり好きじゃないですけれど、サルデーニャのトローネもとーっても美味しいですよ!!カラブリアのトローネ、どこでしょう?どこかのパスティッチェリアが作ったものなのでしょうか??
    ご主人のご両親、二人ともサルデーニャ出身なのですかー!!
    サルデーニャは一度軽く訪れたことがありますけれど、もっといろんなところを周りたいと思っているんですー。食も特徴的だし、歴史も方言なんかイタリア語じゃないですよね(笑)
    シェコさんのブログも楽しみにしています~♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です