パスクワはすぐそこ

投稿日: カテゴリー: カラブリアの食卓

今年のパスクワは4月8日の日曜日。
その1週間前の日曜日は、ドメニカ・デッレ・パルマ(枝の主日?)
復活祭直前の日曜日、キリストがエルサレムに入場した日、城外にいた民衆がシュロの葉を振って歓迎した事から、この日教会のミサに参加する人はシュロの葉(またはオリーブの枝)を教会に持っていく。
普段なかなかミサに参加できない人も、この日はたくさんの人が参加するという。
それにしても「枝の主日」って言われてもそれが何なのかさっぱりわからない。
日本語って難しいです。
4月8日はパスクワ、翌日の月曜日はパスクエッタ、その次の火曜日もこの辺りは祝日。
都市部は月曜日のパスクエッタは休みでも、火曜日から働くらしいけれど、この辺りは思いっきり休みです。
それでもこの時期、復活祭にちなんで、いろんな催し物があるので見所はたくさんあります。
カラブリア(北部)のパスクワのお菓子はこれ。
Cuddruno(クッドゥルーノ)またはCuzzola(クッツォーラ)、Cuzzuppe(クッツゥーペ)と呼ばれるブリオシュ生地の甘いパン。


私の住んでいる町ではクッドゥルーノと言われるけれど、すぐ隣の町ではクッツォーラと呼ばれるし、
いろいろな呼び名がある。
これは買ったものだから、飾り用の卵はのっていないけれど、自宅で作る場合はパスクワのシンボルである卵をのせてオーブンに入れる。
卵はあくまで飾りであって、お菓子とは別に食べることになる。
甘いものと、塩味のものと二種類あって、私としては両方とも朝食に抜群合う!と思うのですが、この時期しか売ってない。
クリスマスのパネットーネも、パスクワのコロンバも、このクッドゥルーノもずっとマーケットに売っていれば絶対買うだろうに・・と思うものの、ここでは季節の野菜と一緒。
季節が過ぎれば市場から目にしなくなるのです。
だからこそ、その季節のものを買うのかもしれません。
そしてこの豆も季節のもの。ファーヴェ(ソラマメ)。

新鮮なものは、さやをむき、薄皮をとって生で食べます。シュワっと口の中で鮮度が飛び出すのです!パスタ・メイン料理が終わってから、大人も子供も食べ始めるので、デザート感覚?
この季節だけ目にするからこそ、余計美味しさが増すのかもしれません[#IMAGE|S6#]

パスクワはすぐそこ」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!

    今、ちょうど大家さんが枝を持ってきてくれたんですよ!前に住んでたフィレンツェではこういう習慣を見たことがなくて「?」って感じだったけれど、なるほど、そういう訳だったのね~。Yumiさんのこの記事を読んで納得しました。

    フィレンツェでは、コロンバのほかに、ローズマリーと干しブドウを使った平たいパン菓子(名前は忘れた…)があったなあ。バサバサしていて実は好きではなかった…。ローマではどうかなあ??

    でもまずはソラマメ食べなくちゃ!忘れてましたよ~。カルチョーフィが今はバナナのたたき売り状態ですよね!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    う~ん!なんとも美味しそう~!!さすが売ってるものは色艶が違いますね~!!うちはいつも作るんですよ。こちらで(ミラノやコモ)過ごすパスクワにはこれがないですからね。でも夫はクツッパ(と夫の地域では言っています)があるとパスクワの雰囲気がぐんと高まるみたいで彼が作るんですよ:)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    turezure-italiaさん♪
    イタリアではカトリックの習慣で、なんで?と思うことがたくさんありますよねー!オリーブの枝はそんな理由からみたいです(^_^.)
    クリスマスやパスクワ、その土地によって食べるものが違うから面白さが増しますよね♪
    ローマは意外と南だから、このクッドゥルーノに似てるかもしれませんね♪
    ソラマメやピセッリの季節になりましたよ~☆カルチョーフィ、土曜日に20個買ってきました♪ソットオリーオ作ろうかな、なんて考えてます☆

    Naviaさん♪
    えーご主人自分で作るんですか???!本当に何でも出来るんですねー。すごい!!! パスクワはなかなかカラブリアまで帰れませんものね。そうなら自分で作っちゃえ!というご主人がすごい☆
    でもこれがなければなんでしょうねぇ。さすがカラブレーゼです(^_^.)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ?。
    カタンザーロではクッツゥーペっていってました。
    この金曜日に子供たちを集めて、みなで一緒に作りまーす。
    もちろん卵を乗せて!
    では、Buona Pasqua!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    natsukiさん♪
    日本に帰国したときに、母からナツキさんのお料理の本、託されたんですよ!!ナツキさんのサイン入りの本、カラブリア入りしました☆
    材料も野菜もカラブリアに住んでいる私にとっては最高の教科書です!!
    Buona pasqua!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です