今年のオリーブ

投稿日: カテゴリー: カラブリアの食卓

カラブリアの一般家庭で処理されるオリーブオイルは、オリーブがしっかり熟した11月下旬から12月上旬にかけて積み始めます。
※エクストラバージンオイルとして早めに積む家庭もあります。
今の時期、メルカートには緑色のきれいなオリーブが並び、さっそくマンマと購入。その上近所の人からおすそ分けが続き、結局大量のオリーブを処理することになりました。
うちで毎年つくるオリーブの保存は、下の2種類と、12月に入ったら黒オリーブの保存と、毎年3種類。


後ろの大きい瓶2つは、種を取ってない丸ごと1個のオリーブ、そして手前はschiacciate(つぶして種を取ったオリーブ)
普通のオリーブはそのままでは食べられないほど苦いのです。
その苦味をとるため、丸ごと1個の方には「苛性ソーダ」と水をを決まった量入れます。
1日浸しておくと、茶色の水が出てきて、毎日水を取り替えます。
そうしてだんだん水が透明になってきたら、劇薬の苛性ソーダも取れたということ。


保存には、濃い目の塩水とハーブのフィノッキオを瓶に入れ出来上がり。
一方、つぶして種を抜いたオリーブは、そのまま水につけ、毎日水を取り替え、水に濁りがなくなったら出来上がり。水分を切って、塩をまぶし、にんにくとペペローニ、唐辛子をいれ瓶につめ、オリーブオイルでいっぱいにしたら出来上がり。


季節の味です。収穫の秋ですね~。

今年のオリーブ」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    schiacciateですか~。手間がかかるけどすっごく美味しいので・・私は食べる専門です(笑
    Yumiさん、料理上手だもんね~。手間隙掛けるカラブリア郷土料理をどんどん習得されているみたいで、尊敬しちゃいます!

    主人の長兄も今週末~月末に掛けてオリーブの収穫にPapasideroに出かけてますよ。
    木に振動をかける機械をくっつけて実を振り落とすんだとか・・。
    我々はボローニャから応援しているだけなんだけどさ~(笑

  2. SECRET: 0
    PASS:
    erieriさん♪
    義母と一緒にいると、おすそ分けとか大量にもらって作業をしている姿を見ると、手伝わないわけには・・・という雰囲気になるんですよ~!
    でも経験になるし、おいしいものを作るわけだから、楽しいんですけどねぇ。でも大量すぎるとやる気がなくなるんですけど・・(苦笑)

    オリーブの収穫、大変な作業だし、毎年家族でひともめあります。オリーブオイルは欲しいけれど、作業は疲れますからね~。うちもそろそろ召集がかかりそうです・・・!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です