今年のフェラゴスト

投稿日: カテゴリー: カラブリアの食卓

イタリアで8月15日は祝日であり、家族や友達グループと山や海へ出かけるのが習慣。
翌日の16日も、ほとんどの人が山や海へ変わらず出かける。
海へ行く人は、ランチボックスを持っていって食べたりするが、バーベキューをする人が多く見られる。
そしてフェラゴストの前の土曜日には、スーパーやお肉屋さんで大量の、そりゃまた大量のお肉を買い込んでいる人を、大勢見かける。
今年は8月15日が月曜日だったこともあり、その前の土曜日からもしくは日曜日から、15日、16日といつも以上に長く続いた。
私たち家族も、14日は妹家族と山へピクニック(パニーニ持参)
15日は山へ親戚&友人一同と大勢のランチ→バーベキュー
16日はマンマの友達のお家でランチ→バーベキュー
2日間、朝早くからお手伝いをし、夜遅くまで続くのです。
(max2日間、限界です・・・)
ランチ→バーベキューの意味、わかります??
~ランチのメニュー~
トマトソースの手打ちパスタ、パスタのトマトソースで煮込んだお肉、じゃがいもとペペローニ炒め、ペペローニ・アロースト、パルミジャーナ、トマトのサラダ、きゅうりのサラダ
その後、少しお片づけし、ドルチェ&カッフェ
そこで、3~4時間あけたいですよね~。
フー、と膨らんだ胃袋を抱えている頃、何気なく火をつけ始め、肉を焼きだす人たち。
昼食→バーベキューの間に、時間があかないんですよ!!
そりゃバーベキューのお肉は美味しい。でもそんなに立て続けに詰め込んだら、美味しさが半減。ホスピタリティー溢れるカラブリアの人、ホスピタリティーありすぎです。
そんなに食べたら、焼いたらもったいない。でもみんな食べるんですねー。大きな胃袋抱えて!!
今回パルマの大学に通う、従弟の女の子の友達が二人(北イタリア出身)来ていたのですが、最初は明るくハキハキ話していた彼女たちも、次々と溢れる食事の内容に、言葉をなくし、最後のバーベキューのお肉も、必死に食べようとしていて、最初はワインを飲んでいた彼女たちも、最終的に「お水くれ!」とお水で流し込むほど・・・。
見ていて何年か前の自分を思い起こすようで(断れなくて、何度も気分を悪くした)
残していいんだよ、食べなくていいんだよ、と何度も言ったら、やっと決意をしたようで、お肉を残していた。
2日間朝から、手打ちパスタを作り、お手伝いをして、たくさんの人との食事も楽しめた。
そしてこうして過ごしていることで、もちろん面倒なこともたくさんあるけれど、学べることがたくさんある。
そして何より、作る側の人間になることで、断れることを知った!
(これ日本人の私にとって断ることってなかなか成功しないのです・・・)

バタバタしていていい写真が撮れませんでした・・・反省。

今年のフェラゴスト」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    そりゃ2日間でも大変だわ?。お疲れサマ。でも作る側になることで断れることを知ったってのは良かったよね。それ大事だと思うよ。作る側(ホスト側)が無理して食べなくてもいいんだよ。って言ってあげる事(気を使ってあげる)事もホスピタリティーだよね。それにしてもイタリアのBBQって気になる。日本だとBBQといったら「焼き肉のたれ」が定番。英語圏だとBBQソースが定番だと思うけど、イタリアだとどんなソース?味付けで食べるの??

  2. SECRET: 0
    PASS:
    htmmail♪
    でしょー朝から晩、夜まで続くから自由時間なし!
    朝から大人数分作るのは大変だけど、断れるメリットは私にとってかなり大きいよ(苦笑)イタリアのバーベキューは炭火焼きで、塩味!人によっては焼く前にお酢につける人もいるけど、シンプル塩&ローズマリーとかのハーブが多いかな。
    焼肉のタレは、白いご飯があると美味しいけどねぇ。こっちは白いご飯と食べないから、塩味だよ☆英語圏のBBQソースってのも気になる(*^_^*)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。2日間、お手伝いは気も張るし大変でしたね。

    私も断ると悪いような気がして気分が悪くなるまで食べることが多いけれど、断ってもいいんですよね。

    最近ローマで友達になったロシア人母娘、昨年までカストロヴィッアリに住んでいたって。だから、私は「日本人の由美さんという人が住んでいるよ」と言ったら、「え?おかしいなあ、小さな町だし知っていてもいいのになあ」と言っていました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    turezure-italiaさん♪
    やはり断るのって難しいですよね~。冗談交じりで話をするイタリア人に、嫌な感じを与えないよう・・・とか考えていたので、私もよく消化不良になるまで頑張って食べていました・・・(..)

    何人もロシア人の友達いますよ!直接知り合いではなくても、友達の友達とかで、turezureさんが出会ったロシア人の母娘さんも知っているかもしれません!地元の"il riccio"というアソシエーションで、外国人向けのイタリア語レッスンに参加したので、そこで外国人同士の友達ができたんです♪♪

  5. SECRET: 0
    PASS:
    こんちわ?
    カフェ、ドルチェの後にバーベキュー!?
    さすがの私も経験ありません(笑)

    私はよく「おいしそうなドルチェのために胃をあけておきたいので、もうけっこうです?」とか「ドルチェまで行き着きたいので、量は少なめでお願いしますね?」とか、いかにも用意されているだろうドルチェもすばらしいはず、というふうに相手をのせて、半分ふざけながら断るけど、先にドルチェじゃ、打つ手がないわねえ!
    まあ、もっともそのドルチェが甘すぎて食べれなかったりもするんですが。。。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    natsuki-suzukisさん♪
    イタリア人の友達に話しても、やっぱりそれはやりすぎだったようで、みんな口を揃えて、驚いていました・・・。
    メレンダにお肉ですから・・・・^_^;
    最初のパスタから飛びつかないで、後のことを考えながら食べないとですよね~!持ち上げながら断る、ってのも上手ですねぇ!次回はそれを使います☆そしてドルチェは人やパスティッチェリアによりますよねー。甘すぎるのは私もNGです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です