保存用トウガラシ・パート2

投稿日: カテゴリー: カラブリアの食卓

先日トウガラシオイルを作りましたが、保存用トウガラシの第2弾です。
夏に大量にできるトウガラシやペペローネ(注意:赤い物のみ!)を干して乾燥させてから、
冬の間にMolino(ムリーノ:粉ひき場)で粉末トウガラシを作ります。
例年のように辛いものと辛くないものを両方買いました。


左が辛いもの、右が辛くないもの。
辛いものはトウガラシの粉だし、辛くないものはパプリカ・パウダーと呼ばれているものだと思います。
500gずつ買いましたが、値段は1キロ当たり30ユーロ程度します。
高い?と思いましたが、この粉を作るのに相当なトウガラシ、ペペローネが必要だろうし、手間もかかりますからね。
とにかくこの2種類の粉末パウダー、カラブリアにはなくてはならぬ食材です。
サラミやサルシッチャはもちろん、赤い稚魚のペースト・サルディチェッディ、カラブリアのペースト状のサラミNdujaなんかにも必ず使われる、カラブリアの赤の素です。

ブロッコリやラーペを炒めるときにも、乾燥された辛くないペペローネか粉末パウダーを加えるし、ここでの料理には必要不可欠のものなのです。
時間がないときによく作る、ブロッコリのパスタ。例のごとく、ブロッコリをくったくたに茹でてから、パスタに合わせるだけの簡単メニュー。


ここにも、粉末パウダーを味の決め手に・・。
一気にカラブリア風に仕上がりました♪
おまけですが、不在中にシモーネは何度かフィッシングにいけたようで、冷凍庫に新鮮な魚を補充してくれていました~☆
これはDotto(ドット)と呼ばれている魚で、リッチョーラに続いて好きなお魚。
シンプルにトマトソースに入れただけ、漁師風な料理ですが、美味しかったー!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

保存用トウガラシ・パート2」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    とても鮮やかな赤ですね☆
    我が家も唐辛子オイルは毎年作るんですけどね。
    唐辛子パウダーは家に少量あるものの、使いこなせていないのが実情です。
    でも、私のダンナはパスタにパルミジャーノをかけるよりも唐辛子パウダーをかけるほうが好きなんです!私も真似てみたら、唐辛子がいいアクセントになって、癖になりますよね~おいしい!
    我が家ではブロッコリーのオレッキエッテを作ったときはいつもチーズではなくて唐辛子パウダーかけてます♪本当に合いますよね!

    Dotto(ドット)とは初めて聞きました。
    おいしそうですね~…海の近くに住みたい!泣

  2. SECRET: 0
    PASS:
    カラブリア、もはやインドくらい唐辛子三昧ね。

    ところでさー、このトマトソースに浸ってる魚だけどさー。わたし、こういう料理(煮込み系)すると、必ず、すっごい魚臭い(いやな意味で)のが仕上がるの・・・。切り身を使ってですら、必ず、なんか好きじゃない魚くささに仕上がるのよね・・・。

    だから魚というと、どうしても焼くか揚げるかしちゃうの。

    「シンプルにトマトソースに入れただけ、漁師風な料理ですが、美味しかったー!」ってあるけれど、なにかコツあるのですか???

  3. SECRET: 0
    PASS:
    新鮮なお魚が食べれるってYumiさん、ほんと贅沢な環境ですね!!!うらやましい~!唐辛子のパウダーは袋で普通の袋で売られているんですね、手作り感が満載でいいですね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    シェコさん♪
    本当ですか!ご主人カラブレーゼみたいですねっ(笑)
    ブロッコリとかラーペにはトウガラシパウダー必須です♪
    トスカーナでもメルカートでトウガラシ買えますか??あ、でもフィレンツェなら何でもありそう!!
    ドット、イタリア語の辞書でも出てきませんでしたけれど、ググッたら出てくるのでイタリア語のはずです・・。そういうマニアックな魚の単語、結構知っている私です・・・(全く役に立たない!)

  5. SECRET: 0
    PASS:
    パナッタレさん♪
    カラブリア、お洒落なイタリアンよりかは、インド・韓国とかアジアっぽい。
    人も何かアジアの下町の人みたい・・・笑。
    そうですかーそんなに魚臭くなりますか??切り身でも??
    私はにんにく入りのトマトソースを作ってから、うろこと腸を取った魚を投入するだけですよ、この魚。
    臭いの強い魚は、腸とってそこにレモン・イタリアンパセリを詰めてアルミホイルにくるみ、オーブンとかも良くします。
    作り方普通ですよね・・笑 何ででしょう~?

  6. SECRET: 0
    PASS:
    Naviaさん♪
    こういう新鮮な美味しいお魚を食べれるときは、幸せ感じますー!
    魚屋でも時々買いますけれど、養殖だし、やっぱ天然は違いますね♪
    春に向けてもっとフィッシングに行ってもらわなきゃ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です