古代ギリシア都市Sybaris (シバリス)

投稿日: カテゴリー: カラブリアのすゝめ

南イタリアと古代ギリシア帝国の繋がりは何度か取り上げてきましたが、
先日Sibari(シバリ)というイオニア海沿いの町の、シバリス考古学公園へ行ってきました。
パエストゥムやアグリジェントのように古代ギリシア神殿が残っていないのが残念ですが、このシバリスも紀元前に栄えたギリシア帝国植民地の一つ。
シバリスは紀元前720年ごろ古代人によって築かれた都市で、紀元前510年にクロトーネ人によって破壊された。その後、ギリシア帝国アテネ人によって再建されたThurii (トゥーリ)は、発掘物からもとても栄えた都市だったとわかる。
その後、古代ローマ植民都市Copia(コピア)となり、手を加えられた。


遺跡公園はイオニア海に繋がる水量の多いクラーティ川のほど近い場所にあり、常に水害の被害に悩まされてきた場所で、現在でもポンプを使って地下水を汲み上げて遺跡公園を保ち続けている。


写真の緑の葉をつけた木のすぐ近くにクラーティ川が流れています
今年の冬の大雨で、クラーティ川が溢れて遺跡公園の大部分が洪水被害にあってしまったという。
現代でもこういう被害にあうくらいなので、遺跡公園には大きな神殿のようなものが残っておらず、かろうじて跡がわかる程度なのも納得。


表面に残っているものの多くが古代ローマ都市コピア、大邸宅跡にはモザイクが残っている。


古代ギリシア人に「ワインの土地」と呼ばれた場所にあるこの古代都市シバリスの収入源は主にワインとオリーブオイルであったという。
現代でも大して変わってない 笑
紀元前5世紀の青銅で作られたToro Cozzante di Thourioriはとても有名で、発掘公園の近くシバリ国立博物館で保存されている。


※博物館は撮影禁止だったため、この写真は他サイトから拝借
古代ギリシア人数学者ピタゴラスは、長くカラブリア・クロトーネで生活し、バジリカータ州メタポントで亡くなったといわれる。
レッジョ・カラブリア考古学博物館で保存されている2体の青銅像、リアーチェのブロンズ像は特に有名ですが、歴史が深い場所だと改めて思いました。
2000年以上も前なのに、その頃と大して変わってないのでは?と思うカラブリアの景色や文化。
1年に一度戻るだけでも、変わりすぎている日本。
本当に極端に異なる場所に住んでおります。(笑)
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

古代ギリシア都市Sybaris (シバリス)」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    綺麗な状態で残っていますね!カラブリアにはいくつものギリシャ古代遺跡跡が点在しているのが素晴らしですよね。これがローマにあったならきっとものすごい観光地になっているんだろうけれど、どれもこれもひっそりと佇んでいることに感心&古代妄想してしまいます。
    新婚旅行にギリシャと言ったら「遺跡がほぼ一緒、いやこちらのほうがギリシャ時代のままの遺跡が残っているし、景色なんてカラブリアと大して変わりないからイヤダ」って却下されたんですよね。
    夫はギリシャ行ったことないんですがね。。思い出しちゃった(笑

  2. SECRET: 0
    PASS:
    Naviaさん?
    本当にアモーレさんの言う通り!ここは特にイタリアというかギリシアですよねっ。ある意味(笑)古代の話を聞いていて、へ~と感心する反面、今と大して変わってないじゃん!と一人突っ込み入れてます。
    ひっそりとしていてのんびり滞在するのはいいですよね★アモーレさんの実家の近くの遺跡も素敵でしたよね~!ナビアさんのブログで覚えてます!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です