自家製リモンチェッロ

投稿日: カテゴリー: カラブリアの食卓

先月、無農薬のレモンをたくさん頂いたので、リモンチェッロを作りました。


リモンチェッロの作り方は本当に簡単!
買うより断然美味しいので、お勧めです。
----------------------------------------------------------------------–
**用意するもの**
・アルコール 95度以上のもの 1リットル
・レモン   8~10個
・お砂糖   500g程度
・水     1リットル
①無農薬のレモンを水でよく洗い、布巾で拭く。
?レモンの皮を薄く白い部分を入れないように剥く。
?アルコール1リットルに?のレモンの皮を付けて1~2週間置く。


④レモンの皮をアルコールから取り除き、余計なものが入らないように濾す。
⑤鍋に水1リットルとお砂糖500gを入れ、火にかけシロップを作る。
?シロップをよく冷ましてから、④のアルコールと混ぜ合わせる。
?また1週間程度置く。
小瓶に分けて、キンキンに冷やしてどうぞ。
--------------------------------------------------------------------------------–
リモンチェッロは甘いものだけれど、甘すぎるものが好きじゃないので、お砂糖の量はいつも少し少なめにしています。
保存するのにはある程度のお砂糖の量が必要ですが、400~450g程度でも特に問題なく保存できています?
お手頃の値段で、チビチビ飲めるなんて嬉しい~(笑)
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

自家製リモンチェッロ」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    どうも今日は。カラブリアも陽気になって、野菜が色々スーパーに出てくる時期でしょうね。
    イタリアはお酒の種類が豊富で、15年ほど前、レモンチェッロは今人気があるということを聞いたことがあり、スーパーには瓶の違うものが複数売られていたように記憶しています。その他、アマーロという体に良さそうな(薬のような味?)食後酒もありました。両方とも、日本では余り見たことがないような気がします。
    カルチョーフィも瓶詰めになったのがよく売られていますが、どのように食べたらいいか分からなくて、なかなか利用できなかった覚えがあります。トリュフは高嶺の花ですが、キノコではヒラタケの大きいのが売られていて、炒め物やパスタの具にしていたことを思い出します。イタリアは料理の得意な人には、色々楽しめるところだと思います。菜園などもやると楽しいかも知れませんね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ケミストさん、こんにちは!
    カラブリアの、Amaro del capoというリキュールは人気ですね!
    キンキンに冷やして飲むアマーロは最高です!
    リモンチェッロも人気がありますが、カラブリア人にはアマーロかリクイリッツィアの方が人気ありますね♪
    特にカラブリアは食べ物の物価が安いので、メルカートで美味しい新鮮な野菜が手に入る生活はとても豊かだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です