2012年クリスマス・イヴディナー

投稿日: カテゴリー: マンマの郷土料理レッスン, イレアナ・マンマのレッスン

毎年クリスマスイヴのディナーはスオチェラ(義母)宅にてお魚料理、
クリスマス当日のランチはマリア宅にてお肉料理、
26日のサント・ステファノ(祭日)には余った料理をまたまたマリア家族と集まってスオチェラ宅で食べるのが決まり。
普通イタリア人カップルだと、妻と夫の実家とをうまく分けているから調度よいものの、
日本人妻である私はどちらともすべて夫の家族と過ごすわけで、自然と3日間ほとんど同じ顔ぶれであーる。
結構それも辛かったりする・・・その分楽でもあるけれど・・複雑。
腹八分目とかモッタイナイの文化がないお国柄のため、毎年作る料理は大量に残るし、2・3品はほとんど手付かずの状態だったりする・・・。
若者はもっとちょうど良いくらいに作る人も多いけれど、マンマの世代となると
「足りないことがあり得ない・まずは量!」的な感覚の人も多いから、自分のメンツが潰れないよう多く作る。
毎年買うのが、ムール貝、あさり、イカ、エビ、バッカラ(タラを塩漬けして干したもの)、スズキやタイなどが一般的であり、クリスマス前になると魚屋は大忙し、クリスマスイヴの朝にピックアップするように予約する人も多い。
せっかくなので、うちのクリスマスメニューはほぼ毎年こんな感じ。
** Antipasto (前菜) **
Pepata di cozze(ペパータ・ディ・コッツェ/ムール貝の胡椒たっぷり蒸し)

美味しいですよね~ワインとか入れなくても、本当においしい。この残り汁だけでごはんもイケちゃいます。
Cozze fritte (ムール貝のフライ)


これはイレアナ・マンマのお得意特別料理。ムール貝から出る磯の味を無駄にしない、料理。
そこら辺のお店のものなんかとは比べ物にならない、美味しさ。
Insalata di polipo (タコのサラダ)
もちろんシモーネの獲ったタコです^^
Insalata Russa (ロシア風サラダ)
クリスマスシーズンになると、どこのスーパーでも売り出す、ポテトサラダのようなもの。
なぜにロシア風?と疑問になりますが、なんとロシア人の友人は
「未だになんでロシア風っていうのかわからないわー。ロシアではイタリア風っていうのに!」
その他、手作りのオリーブや簡単なパイ生地を使ったおつまみ、コロッケなどとにかくたくさん。
** プリモ (第一の皿:主食) **
プリモはなんと夏にマンマがサルデーニャから仕入れてきたFregula(フレーグラ)


炙って乾燥させたパスタで、珍しい触感でしたが、私は好きでした!魚介類たっぷりのソースを合わせます。


Fregula ai frutti di mare (魚介類のフレーグラ)


イタリア人って地元食を愛しすぎるがために、他の地方のもの苦手な人が多いです。
なのでザ・カラブリア人にはちょっと慣れないため苦手そうでした・・苦笑
** セコンド(第二の皿:メイン) **
Baccala’ e Patate (バッカラとジャガイモの煮込み)


これはバッカラはイタリア各地で食べられるものですが、カラブリアならではの調味料素材もふんだんに入るこの煮込み。特にこの辺り出身の人は好きですねー。
Frittura mista dei gamberi e calamari (エビとイカのフライ)


写真はエビだけですが、これはアンドレアの作品。お皿の盛り付けはやっぱり彼の仕事!
Gamberoni arrostiti (エビのあぶり焼き)
Orata al forno con pure’ di patate (鯛とマッシュポテトのオーブン焼き)
** Doce e Panettone (お菓子とパネットーネ) **
おまけの写真ですが、スオチェロ(義父)はとってもご機嫌な様子で、
「ユミ!写真撮ってユミのパパに見せてあげて!クリスマスにイタリアきたらこんな風に飲めるよって伝えたらお酒好きのユミパパはすぐに飛んでくるから!」と、ワインをデカンタで飲むふりをしています。


まぁ、何はあれとも平和でいいですね~。
フェスタ時の寝不足と疲れのため、帰国便は半分以上寝ました。
いつもは寝る暇を惜しんで映画を見るのに今年は逆転(苦笑)
お正月は実家でなーんにもしない予定でございます[#IMAGE|S6#] ↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

2012年クリスマス・イヴディナー」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お帰りなさい! お食べ地獄から無事にご帰還!おめでとうございます!でも、こちらもお正月のお食べ地獄が始まりますね~(笑)。
    イレアナマンマのクリスマスメニュー、美味しそう! カラブリアにいながらサルデーニャ料理も楽しめるなんてお得ですね。ムール貝のフライ、いつか習いに行きたいです。
    フレーグラは同じメーカーのものが日本でも購入できます。カラブリアの方がわざわざサルデーニャで買ってきたものが日本でも買えちゃうなんて、、、、日本ってすごいですよね。。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    Yukikoさん、無事戻りました!そしたらこっちでもお食べ地獄(いや、久しぶりだから天国?)で大変なことになっちゃいます(苦笑)
    しばしば思いますよ。カラブリアってなんて陸の孤島なんだか・・・というか、東京に物が集まりすぎなんでしょーけど!
    フレーグラ、マンマとっても貴重そうに扱ってましたよー。日本から買って帰ってあげたいかも・・なんて思っちゃいました♪
    いつかカラブリアでサルデーニャ料理楽しみに来てくださいね~★
    では、よいお年を!新年お会いできるの今から楽しみにしておりますっ!!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    yumiさん、無事に日本に到着されたようで何よりです~!
    クリスマス、毎年ほんっとうにすごいですよね・・!!豪華でビックリ。ほんと、残ってしまうともったいないですけど、結局26日までには食べ切れてしまう感じかな?^^
    私もこのムール貝のフライが気になりました。ほんとに美味しそう?
    そして私もムール貝から出る汁だけでご飯もパンもなんぼでも食べてしまいますよん。^^;
    魚ずくしの本格的なイブを過ごされてて毎回すごいなぁーと思います。
    うちは家族だけなので結構質素な方かも。シチリアにこの時期帰らないのは、義理姉からの食べろ食べろ攻撃を避けているとこがあるんですよ・・特にうちの主人。笑
    断ってもどんどん出てきますからね・・夏場のバカンスだけで十分とのこと。苦笑
    クリスマスはイタリア、お正月は日本ってすごく理想的です。楽しんで来て下さいね!!実家でゆっくりしてきてくださ~い。よい年越しを!来年もまたよろしくお願い致します^^

  4. SECRET: 0
    PASS:
    Bolognamicaさん♪
    双子ちゃんにもバボナターレからのプレゼントは届きましたか?笑
    残っても26日に食べきるので、まーお正月のおせち料理的ですけれどね。最初にいっぱい作ってフェスタ時は働かないという!
    でもねーやっぱり日本人的感覚で「ちょっと多めに作る」とは、スケールが違いますッ(苦笑)
    そんなに残りませんが、人も多い分ゴミは多くなりますね。わーっと集まると分別どころじゃなくなり、エコとか環境とか関係なし。というかそういうところに目がつくのってやっぱり日本人ですねぇ・・。
    そう!義理姉さんもさすが南の人!はじめみんなに食べろ食べろ攻撃され、びっくりしましたよー。みんな太らせるグルなんじゃ?なんて思ったり(苦笑)
    ミカさんもよいお年を~!!また来年もよろしくお願いします^^!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です