Buone Feste!

投稿日: 8件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

Natale(クリスマス)、Capodanno(お正月)とFestaモードの毎日
24日の夜は午後4時から8時半まで、きっちり4時間半mamma、シモーネとごちそうの準備をしました。
イタリアのNataleはシーフードをたっぶり食べるのです。(カラブリア州だけではないはず。。。)
昔は新鮮なシーフードが高価だったからか、ごちそうだったんですね。
ここまでか、、、と思うほどたくさんの料理を作りました。
親戚合わせて16人が集まっての食事。準備や取り分け、片付けに追われ、写真全く取れませんでした。。(涙)
ゆっくりお喋りしながら21時頃から食事を始め、0時にはカウントダウン→シャンパンで再度乾杯!
25日は親戚のお家で食事、26日も親戚集まり食事。。。。。。
多少グチになりますが、親戚が集まっても動く人、動かない人はっきり分かれてて、結局お嫁さんが動くんですよね。男性は腰も上がらない。
自分、新妻と感じることあんまりないんですが、こういうとき一番動かなきゃいけない私。
Nataleは家族と過ごすのが基本みたいですが、Capodannno(お正月)はさすがにどっかに逃げたい気分。
とはいえ、ローマに住んでいる二人の小さな従兄弟ちゃんがいたので楽しかった



結婚式に参加してくれた人達にとって、日本から来てくれた友達、家族はすごく印象的だったみたいで
今でもよく話に出ます。私も得意げになって話してます♪
特に日本人の女の子はキレイで感じがよくって最高!って男性からも女性からも大絶賛です!
そして12月23日にやーっと待ちに待ったPermesso di soggiorno(滞在許可証)を受領し、一安心しました。
待っても待っても許可証が下りず、やっと。
しかも日本帰国の日が決まり、頭の中はそのことばっかり。
一度帰るとなると夏頃にも帰りたいなーといろんな妄想をしております。
日本の生活を思い出すと、ここでの生活の差の大きさに、ネガティブになったりします。
毎日仕事をしていた生活、家族と一緒にいた毎日、友達とおしゃべりに花をさかせていた毎日。
ここではまだ何も見つけていません
けれどネガティブにならずに新しい家族、シモーネと新しい生活を一歩ずつ助け合い、楽しむことが大切ですね。2010年、すぐそこまできています。
出来ることはたくさんあるはず、やるべきことは山ほどある、帰る場所もある。
2010年、30歳、前を向いて前進のみ!

家作り3

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

マイペースに続けていた家作り
少し前にやっとバルコニーが完成しました
周りの柵もない状態で私には危険だと判断され、彼一人での作業だし天気が良い日ではないと駄目だし、なかなか思うように進まず時間かかりました
柵の骨組みになる部分を先につけました


セメントを敷いていきます。平になるように長い木の棒を使って。


タイルを貼っていきます


庭のあるガレージで柵を作っていきます


私も鉄を切ったり地道な作業を手伝いました!嬉しいことに(?)うちのバスコニーは長くて、たくさん柵を作らなければいけないのです。。。(涙)
こんな感じに柵を作りました。これをたくさん作って最後にはんだ付けをしていきます



こんな地道な作業を終え、やっとバルコニー完成しました!
これで安心して洗濯物干せます☆いや?それにしても長い長い作業でした。。
シモちゃんの家のガレージには木を切る機械、鉄を切る機械、はんだ付け機、ガラス細工をつくる機械、そしてパパの絵画も山ほど。。。
シモちゃんきっと機械マニアだと思います。最近も新しいマシーンが欲しいそうで。。。

半年がたちました

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

イタリアに来て6ヶ月がたちました
半年もたてばかなりイタリア語話せるでしょ?という質問にはノーコメント(汗)
耳はもちろん少しずつ慣れてきたかもしれません
けれど話すのは本当に一苦労、綺麗なそして流暢なイタリア語を話せるようになるにはどのくらいの月日を要するのでしょうか。。。
その上今まで彼と英語で話していたのをイタリア語に徐々に切り替えてから英語を話そうとすると真剣にイタリア語を話していたり頭の中の引き出しは一向に整理されていません!!
イタリア語も英語も(日本語も)全部中途半端な状態
日本語は別としてまずはイタリア語ですね、ハイ。
週2回(約2時間)地元のscuola media(中学校)の外国人用イタリア語コースに10月から通い始め、ロシア人アルバニア人モロッコ人に紛れてちゃっかり一人日本人
クラスメイトには「日本みたいな豊かな国からなんでイタリアにくるの?」と不思議がられます。。。みんな出稼ぎとかなんです。
状況はもちろんそれぞれ違うけれどみんなイタリア語を話せるようになりたい、と思っている人達。授業はフリーなので世間話に走っちゃったりスローな感じですが、何はともあれ前向きに。
思っていたよりイタリアに来る前に心配していたより切なくなることも気分を落とす事も情緒不安定になることもホームシックになる事もなくここにいます。
とは言うものの何となく元気が出なかったりちっちゃな事でイラっとしたり遠くの景色を眺めて切なくなったり日本の家族や友達を想ってセンチメンタルになる時ももちろんあります。
そんなどうしようもない気持ちを当ててしまう矛先は決まってシモーネ
私がそういう負な気分の時にはシモーネも私以上に「負」な気分になってしまうのです。だからもっと私も強くならないと。
幸いにも同じ街に日本人の友達もいてシモーネの家族とも思ったより仲良くしているしシモーネの友達も仕事でいないときなどちょくちょく誘ってくれるしここでの生活は悪くないです
大した才もない私ですが「人には恵まれている」という運はまだあるようです
1年経つときには不自由なくイタリア語はなしてたいな?という夢があるので今は地道に頑張ります!