カラブリアのパン

投稿日: 5件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

北イタリアに住む友達がこの街に帰省し、戻るときにいつも大量のパンを買って帰ります。
冷凍保存して、いつでも美味しいカラブリアの地元のパンを食べたいからって。
そんなに買わなくても、どこだって同じようなパンでしょ・・と思うけれど、それは違うらしい。
慣れひたしんだ味から、離れられない。
イタリア人の典型的な例かも。
そんな理由意外でも、値段が高い割には美味しくないって理由もあるそう。
カラブリアのパンは、外側が石のように硬いけれど、中はふっくら美味しい。


日本のパン屋さんのように、おかずパンやお菓子パンは売っていないけれど、パン屋(Panificio)には、ピタやフォカッチャも売っていて、やっぱりパン屋はイタリアでもワクワクする。
でも買ったところで、食事にはパスタやお米も食べるし、その上パンなんて実際あんまり食べれない。
だから最終的に全部食べられずに、硬くなった可哀相なパンを後日発見・・・
なんてこともしょっちゅう。
何とかせっかく買ったパンを捨てずに、多少硬くなっても美味しく食べられる方法検討。
★ブルスケッタ


パンをトーストし、トマトを小さめに切り、にんにく少々細かく切り、オリーブオイル・塩・オリガノを混ぜ、トーストしたパンの上にのせるだけ。
★ズッキーニとトマトのクロスティーニ


ズッキーニを角切りにし軽く炒め、火からあげ、小さめに切ったトマトと混ぜる。オリーブオイル・塩・バジリコを入れ混ぜ、トーストしたパンの上にのせ、オーブンで約10分。
ちなみにパン一つとってもイタリア各地さまざまです。
ウンブリア(ペルージャ近郊)を旅したとき、塩分なしのパンを初めて食べ、びっくりしたことがあります。
プロシュートやサラミの塩分が強いものを多く生産している場所は、パンはそれに合わせて塩を一切使わない事があるよう。
土地によって本当に特色が変わるので、イタリアの旅って本当に飽きません!

オレッキエッテ orecchiette

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

乾燥パスタより手打ちパスタを毎日食べたいと思う、今日この頃です。
作れって感じですけれどね、、
手打ちパスタは様々な形があるほか、大きく二つに分けられます。
卵入りか卵なしか。
基本的に南イタリアの手打ちパスタは、卵なし。
北の手打ちパスタは卵入り。
※南イタリアでも卵入りのパスタを好み、作る人もたくさんいます。
卵入りの黄色いバスタも美味しい。けれど卵なしのパスタの方がカロリーが低いのでは?と、お腹で感じています。
オレッキエッテ(orecchiette)とは耳たぶの形をしたパスタです。
材料は小麦粉と水だけ。こねて少し休ませ、形を作っていきます。
二人分なので、考え事をしている間に出来てしまいました!




フレッシュトマトと合わせていただきました[#IMAGE|S56#]

手打ちのパスタの方が、モチモチ感が違うと思います。
美味しい!とかなり自己満足な一品でした[#IMAGE|S37#]

カルチョーフィの季節になりました!

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアの食卓

今年はクリスマスもお正月も日本で過ごしたので、パネットーネを食べずにフェスタが終わってしまったことに、最近気づきました。
※パネットーネとはクリスマスに食べる、ドライフルーツの入った大きいめのパン菓子です。
 クリスマスシーズンになると、スーパーマーケットには様々な種類のパネットーネが売られます。


2ヶ月も空いてしまうと、何となく季節感が狂っており、マーケットに行ってカルチョーフィを見たとき、
もうこの季節になっていたことに、驚いてしまいました。
そうですよね。
もう2月だし、そろそろカーニバルだし、その後はパスクワ(復活祭)だし、春はもうすぐ??!!
早速私達にとって、今年一番のカルチョーフィを購入し、パスタと一緒に頂きました[#IMAGE|S56#]

硬い外側の皮はどんどん取っていきます。
カルチョーフィの下処理をすると、こんなに皮が残ります。・・・


カルチョーフィは食べやすい大きさに切ってから、水で洗ってレモン汁に付けておかないと、
あっという間に茶色く、新鮮そうじゃない色に変化していきます・・・。
なのでさっさっとレモン汁を混ぜました。これで安心。


シンプルにオリーブオイルににんにくの香りをつけて、カルチョーフィを炒めます。
水を少し足して、カルチョーフィがやわらかくなるまで、火にかけます。
あとはパスタを茹でて、お好みでパルミジャーノをかけるだけ。


ごぼうのような冬野菜の味がするカルチョーフィ。
小麦粉にまぶして、軽くオリーブオイルで揚げても美味しい、カルチョーフィ。
苦手な冬も、カルチョーフィのおかげで少し楽しめる、かな・・・[#IMAGE|S49#]