聖ジュセッペの日

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

3月19日は聖ジュセッペの日でした。
(聖ジュセッペ=キリストの父)
イタリア各地では、「父の日」とされる日のようですが、ここではジュセッペという名の人の、第二の誕生日。
シモーネのパパの第二の誕生日。
「Auguri! (おめでとう!)」と言うと、60歳近いパパも嬉しそう。
3月19日の前夜、街の至る所で焚き火がたかれます。
この時期、春になる前に、12月頃収獲したオリーブの木を切って整えます。
そうすると次の年にぐんぐん育つオリーブになるのです。
オリーブの木だけではなく、様々な木を整え、この聖ジュセッペの前夜、焚き火をするのです。
その焚き火を囲み、毎年、Tagliolini con ceci (ひよこ豆のパスタ)を食べるのです。


そして聖ジュセッペの伝統的なお菓子はゼッポラ。


油で揚げる地域もあるそうですが、ここでは揚げていないシュー生地にカスタードクリームが入っています。美味しいんです~!
1年って経つのが本当に早いですよね。
去年もこうして焚き火を見ながら、お願い事をしながら木を火に投げ、Tagliolini con ceci をシモーネと親しい友人と食べました。
今でも春がくると、“新学期”という気持ちがします。
1月が来るときより、イタリアで新学期の9月より、4月が来る頃の方が、新しい気持ちになります。
今被災地で新学期を無事に迎えることが難しい環境の人がたくさんいます。
その方達が一日も早く落ち着いた暮らしができるよう、強く祈っています。
そして毎年同じことの繰り返しの生活ですが、その生活がいかに幸せであるか、身にしみて感じています。

今年のハツモノ

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

ここのところ、出かけない限り地震のニュースばかり追っていて、気持ちが焦っていました。
何かしなくては、何ができるか、どう助けられるか・・・
助けは今だけではなく、この先も長く必要なもの。
だから焦らずできる範囲で、できるだけ多くの人に協力してもらえるような、そういう活動をしていきたいと思います。
最近のカラブリアは、晴れているときは、”小春日和”以上に温かい日もあれば、曇っていれば芯から寒い日もある今日この頃。
水温10度という寒い中、そろそろタコのシーズン到来!と言うことで、海に向かったシモーネ。
さすが、海の男。
タコ4匹、そしてなんと大きなタイの収獲も!



当日の海水は濁っていて、下の写真の小さい魚を狙ったら、その後ろにこんな大きなタイが一緒に獲れていたそう!
そしてタコ。


すぐに食べれない分は冷凍し、タコのサラダにするのが私達のお決まりです[#IMAGE|S37#] 今年のハツモノに、タイ。メデタイ!と言うことで、一緒にフィッシングに行ったマルコの家族を呼んで、
このタイを味わいました。


美味でした~[#IMAGE|S49#]

この街のカーニヴァル

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

カストロヴィッラリのカーニヴァルは約2週間続き、日曜日・翌週の日曜日・火曜日と練り歩き、最終日の火曜日以降、パスクワ(復活祭:イースター)までお肉を食べない、というしきたりがある。
そう、カーニヴァルとはCarne(カルネ:肉),Levare(レヴァーレ:取り除く)という、肉断ちの期間の始まりを表す、お祭り。
実際、カーニヴァルのあと、パスクワまでお肉断ちをする人は現代、ごくわずかで、パスクワまでの金曜日だけはお肉断ちする、とか火曜日と金曜日はお魚を食べる、とか、本当に人によってみたい。
この街のカーニヴァルは、ポリーノ国立公園を代表するお祭りのようで、少し離れた街からも、見物客が来るようです。
ヴェネチアのカーニヴァルのような、華やかな美しいものとは違い、地元の高校生、伝統の踊りを伝えるグループなど、ローカル派。
それでも、シチリアからのグループ、ロシアのグループ、ポーランド、今年はアフリカからのグループもありました。


シモーネのパパが勤める、Istituto D’arte(美術高等専門学校)のグループは、エジプトの衣装で。
身内だからではなく、衣装もピラミッドもきれいで、一番素敵でした[#IMAGE|S49#]

             そのほか、アフリカからのグループがいたり、


                 ピエロがカラフルな色使いだったり、


                 マイケルジャクソンがいたり、


     とっても自由なカーニヴァルでした。
 
    ちなみに最終日の火曜日は、すごく風が強くて寒い一日でしたが、たくさんの人で賑わっていました[#IMAGE|S56#]

イタリアの高校

投稿日: 8件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

学校の話で続いていますが・・・
イタリアの高校はとっても特色豊かで、専門的な勉強をする学校ばかり。
Alberghiero(アルベルギエロ)と呼ばれるCuoco(コック)やCameriere(カメリエレ:ウェイター)になるため、サーブの方法、料理、食材の知識、テーブルマナー、伝統料理などを学ぶ学校、Tecnico(テクニコ)と呼ばれる、技術関係を学ぶ学校、D’arte(ダルテ)と呼ばれる様々なアートを学ぶ学校・・・
Liceo(高等学校・進学学校)でも、ラテン語やギリシャ語など歴史的な言語を学ぶ学校、外国語を中心に学ぶ学校・・・など。
15歳で将来何になりたいか、何に興味があるか、って決めるのはとっても難しい。
イタリアでは高校はある意味、『専門学校』と感じます。
もちろんどの学校でも、数学や歴史、イタリア語など普通教科も学びます。
しかも5年制なので、留年せずにストレートに進んだ子でも、卒業するときは18歳か19歳。
私服だし、その上道端でタバコをすっている子ばかり!(先生が注意する、とかないみたい[#IMAGE|S8#])
そしてイタリアの18、19歳は顔がもう大人で、ういういしさがない。
高校生(らしき)団体とすれ違うときは、彼らより10歳以上も年上の私が、ぜーったい同じ年くらいに思われてそう、という言葉をかけられます!
・・・それは良いとして。
私の義理の弟、アンドレア(17歳)は今、アルベルギエロの3年生。
3年生から料理人コース、ウェイターコースに分かれて本格的な勉強を始めます。
彼は悩んで悩んだあげく、料理人コースに決めました。
最近料理のほか、盛り付けの勉強や、飾り切りの勉強もしていて、よく家でもじゃがいもを薔薇の形に切るなど、練習しています。
最近作ってくれた一品。


牛肉にバルサミコ酢をきかせた一品。
なすのグリルをちゃんと綺麗に色づけて、上にはイタリアンパセリをちらして、とっても見栄えのいい一皿。
マンマの作る家庭的な味とは少し違い、レストランで食べる味がしました。
美味しかった!今度レシピをもらわないと・・・[#IMAGE|S49#] 頑張れアンドレア!巨匠と呼ばれるその日まで・・・!(チューボーですよ!風に・・・笑)

最近みた映画 【Immaturi】

投稿日: 7件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

私の住んでいる街には、映画館が二つあります。
二つとも1階建ての映画館で、一つは冷暖房なし(厳しい!)、もう一つは冷暖房ありの快適な映画館。
日本のシネコンとは違うスケールで、しかもブラッドピッドもイタリア語を話しちゃう(すべてが吹き替え!)所とか、抵抗もあったけれど、イタリア映画を映画館で見るの最近は好きです。
ニューシネマパラダイスのアルフレードの映画館のように、風情はそんなにないけれど、
この街で上映される映画の80%以上がコメディ、という状況で、ジーンとする場面、みんなでドッと一斉に笑う場面、そういうのを他の人と共有できるのもいいかな、と思います。
そして先週見てきたイタリア映画【Immaturi】


高校を卒業して20年以上経つ、40代の人達に次々と届く、
「実はあなたの年に行われたMaturita(高校の卒業試験・大学入学資格試験)が手続き違いで正確に行われていなく、再度受けなおしてください」との通達。
それぞれ結婚、離婚、仕事、別離などを経験した昔の仲間が再会、果たせなかった昔の約束を果たしたり、昔の仲間と助け合って一緒に試験へと挑んでいく・・・みたいな内容。
誰にでもある、昔の恋人との再会とか、果たせなかった約束とか、うーーん。
あるある!って感じで。
なかなかいい映画でした。
さすがイタリア映画。絶対何度かは笑いがないと流行りません!
(この街では特に・・・)
そんな映画から。
イタリアの高校は、日本の学校ほど厳しくありません。
先生もそんなにガミガミ言いません。
けれど成績が悪いと、中学校でも高校でも留年も稀ではない。
そして高校の卒業試験(映画の内容の、Maturita)は、頭を悩ます一つで、筆記試験3日間、面接試験まであるそう。
その時期になると、普段勉強机に向かったことのない生徒も、必死に勉強し始めると。
日本は入るのが難しくても、出るのは比較的簡単。だからイタリアとは逆ですね。
シモーネは、小さい頃から泳いでばかりいて、フィッシングばかり行って、興味があること意外、全然勉強しなかったみたい(マンマから肩身の狭い思いをした、と何度も愚痴を聞いた[#IMAGE|S8#])
Maturitaの面接試験で、英語の先生から、
「なにか英語の言葉を話してみなさい」と言われ、
「教授。海の中では英語は必要ないんです!」と思いっきりイタリア語で返した経験ありのシモーネ。
そんな学生時代、英語ゼロのシモーネも、必要になったら自ら勉強したわけだから、まぁ、偉いというのか・・・
そこで英語でその内容が言えてたら、きめれたのに、って思いますよね。[#IMAGE|S70#]