崖にそびえる修道院

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

日曜日、天気の良い午後、崖の上にたつ、修道院へ行ってきました。
この教会は11世紀にはすでに起源となる修道院が建てられていたという。
人々の住む町からさらに山を登っていく場所に建つこの教会は、地元の人々に厚く信仰されていて、道のりも長く厳しいことから、巡礼地であるそう。


今は緑も多いからそんなに寂しそうではないけれど、秋・冬はあたりも岩の色一色で、修道誓願を立て禁欲的な信仰生活をする修道士には、最適の場所なのかもしれない。
カラブリアは、その昔、東ローマ・ビザンチン文化の影響を大きく受けた場所。
ギリシアやビザンチン、東方の修道士は、とても厳格に修行をしていた事もよく知られ、その文化が根付いたカラブリアは、とても質素だけれど素晴らしい修道院がいくつもある。
そして茶色い羽織ものを着た修道士を、車に乗せてあげる、なんて事も田舎街だからこそあったり。




見渡すは、シバリ大平野。見えるのは、イオニア海。


内陸はごつごつした山だらけ。海の近くの大平野は、カラブリアの太陽をいっぱい浴びた、オレンジやレモンの木、ペスカ(もも)・・・e.t.c. の木がたくさんあります。
そしてこの教会の伝説。
イオニア海沿いの町、Rossano(ロッサーノ)の猟師がこの教会のある場所で猟をしている最中、マリア様と子供の絵を見つけて、家に持ち帰った。2、3日後、突然家にあったその絵がなくなっていることに気づいた猟師は、猟にでてこの場所で同じ絵を発見したという。
絵が自らこの場所に戻っていたことから、この場所に教会を立てた。
↑こんな内容の伝説、どの街でも一つくらいは耳にします。
そしてこの場所、標高が1015mと、少し高いので、空気がいくらかヒンヤリなのです。
海のある平野は暑くても、すぐに山があるカラブリアはおススメです~[#IMAGE|S6#]

家作り(ベランダ編)

投稿日: 11件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

今やあるのが普通になってしまったベランダ。
うちのガスは都市ガスではなく、ガスボンベを使っているため、ベランダが完成していない頃、ベランダに置いてあるガスボンベの交換は、かなり怖かったのです。ちなみにうちは日本で言う4階・・・
あ、ちなみにガスボンベは自分たちで変えなくてはなりません。
私もシモーネに1から10まで教えてもらい、今では慣れっこです!
↓最初はこんな状態・・・ひぃ!高所恐怖症の私は勝手に転び落ちそうな気分でした・・


↓少しずつきれいにして、手すりも鉄の棒を買ってきて、曲げて半だ付けして・・・という大作業。


そして完成!


いつか”テラス”のような大きなゆったりとしたベランダに憧れていますが、現実のベランダは細く長い。
ある程度家作りも落ち着いてきた今日この頃ですが、パパの田舎のお家(これも作り途中)に私たちのガレージを作る計画があり、またまた家作り。
そしていずれは自分たちの独立した家がほしいね~土地買って家立てて、お庭も作って!とよくシモーネと話すのですが、そうなったらまたまた家作り?
というか一生家作り?・・・・

私、魚釣りました!

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

真冬の雪が降る中でも、海へスピアフィッシングに出かける、うちのシモーネ。
車の免許を持っていない10代の頃から、一人 or 仲間を見つけては、海へフィッシングへ行っていたと。
学生の時に、当時テレビで放送されていた日本の漫画、” 釣りキチ三平 ”からとって、”さんぺい”とニックネームのつくほど。←私、この漫画知らなかった・・・
そんな熱心なフィッシング好きな彼は、もちろんパートナーと一緒にフィッシングに行くのが、夢であった。
(熱心というかある意味マニアック・・・)

そんなこんなで、夏は私も潜る。
シュノーケル程度ですが、カラブリアの海はきれいなので、リラックスできて好きです♪
今はまだちょっと海水が冷たいので、ゴムボートで彼は海の中へ、私は釣竿でフィッシングをしました。
もう一人フィッシング仲間のマルコと一緒に行ったのですが、一人は足が吊り、一人は耳が痛くなって潜れなくなり、結局3人で釣竿フィッシングをしました[#IMAGE|S49#] 先週マルコが一人で釣りをしたら、sgombro(小さめのサバ)をたくさん釣ったということなので、私もワクワク!
GPSを使って深さを調べて、いざ!
釣り竿を下ろすと、すぐにかかったのがわかる!!
ワーワー言いながら、釣り上げると、一度に何匹ものさかな(サバ・いわし,,etc)が釣れて大興奮!!
約1時間ちょいの間に、この魚+もうひとつの同じ大きさの入れ物が満杯になるくらい、大漁でした[#IMAGE|S70#]

早速バーベキューにして食べ、残りは下処理をして、冷凍庫へ。
シモーネが獲った魚を食べるのもいいですけれど、自分で獲った魚は一段と美味しいです[#IMAGE|S6#]