カストロヴィッラリのカーニバル

投稿日: 7件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

シモーネ事務所の工事と、間近に迫った一時帰国と、この町のカーニバルと、バタバタしていたら、今月の更新が1回しかなかったことに気づき、焦ってパソコンに向かっています。
というのも、3(イタリア語でトレ)という携帯電話会社のインターネットキーを使用していたら、なんと大雪の影響でこの町の周辺でインターネットが約2週間使えなかった。
電波搭の修理に行きたくとも、大雪の影響でいけないと言うことが理由のようだったが、さすがに2週間インターネットが使えないのにはこたえた。
この町のカーニバルは日曜日と火曜日に仮装行列があって、翌日水曜日から肉を食べないという期間がパスクワ(復活祭)まで続く。
一体どのくらいの人がこの期間お肉を食べずにいるのか不明ですが・・・・
毎年寒いカーニバルですが、今年は予想外に暖かいカーニバルに恵まれました。
友人家族(子供3人もち)と地元のアグリツーリズモで昼食を食べてから、行列に向かったらすごい人ごみ。
いい場所が見つからず、行列を見たというより、人ごみを見た?という感じでしたが、賑やかなのはいいものです。
一番下のダビデは怪獣に。


ザ・スパイダーマン vs 忍者


日が暮れ始め、ダビデがぐっすり寝始め、友人宅へ。
ベランダから見た地元伝統衣装を着てタランテッラを踊るグループ。


私は何も変装しなかったけれど、せっかくなら何か一つでも小さいものでもカーニバルらしいものを身に着けるのも悪くないな、と思いました。
子供だけじゃなくて、大人も楽しむって事重要ですね。
遠くから見るのじゃなくて、中に入る勇気も必要?と感じたカーニバルでした。
そして我が家の姪っ子ちゃんは、ファティーナ(妖精)になりました[#IMAGE|S16#]

可愛い顔をしていますが、さすがイタリアの女の子。
こんなに小さいのに性格がはっきり。気が強い!
それでも「チャーオ」と可愛い声で言われると、メロメロになっちゃうんですけどね♪