お料理教室体験@東京

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

今回の日本滞在の楽しみの一つであった、この方との再会。
昨年9月、はるばる遠いカラブリアまで、マンマのお料理レッスンを受けにいらしたO様。
東京のご自宅でお料理教室を開催されたり、オリーブオイルのソムリエ資格をお持ちで、食のスペシャリスト。案内をしなければならないところだったのに、逆に教えて頂くことの方が多かったような…。
帰国中に1度だけ、教室を少し覗かせて頂く機会に恵まれました。
毎回ほぼ同じメンバーでレッスンをされるそうで、私一人よそ者が伺ったわけですが、会員様も素敵な方ばかりで、あっという間に馴染んでしまいました。
カラブリアから私が参加するということで、レッスンの内容は”カラブリア料理”でした。
和やかムードでレッスンスタート。
会員が到着する前に、すでに素敵なテーブルセッティングが。


新玉ねぎとサーモンのマリネ


ソラマメとペコリーノ・チーズ。(イタリアではソラマメ、丸ごと食べちゃうんですよね~)


セコンドは、ルチェッタ・マンマのブラッチョーレ(薄切り肉の中に生ハムやパルメザン・チーズをのせ巻いたもの)です。


カラブリアらしく少しピリ辛のトマトソースに煮込んだブラッチョーレ。
ちなみにプリモは、ブラッチョーレを煮込んだトマトソースに、カラブリアの小麦粉のニョッキを合わせました。
日本では、ニョッキ=じゃがいものニョッキを思い浮かばれる方が多いみたいですが、この形をニョッキというので、ニョッキといえば小麦粉のニョッキの事を言います。注)カラブリアでは
食べ始め、おしゃべりが進むと、写真を撮り忘れてしまうんですね~
プリモの写真を撮り損ねてしまいました・・・
そして最後はドルチェ。イチゴのタルトです。


タルト生地の余った部分はビスケットに。
説明をしながら、話しながら手を動かしレッスンを進め、お料理は2時間ちょいでおわりました。
素材は丁寧に扱い、無駄なく捨てる部分を極力なくすなど、とても勉強になりました。
イタリアでイタリア料理は簡単でも、日本でイタリア料理を作るのは、材料面からも大変だと思うところ、本当に全部美味しかったです。
O様、本当にありがとうございました!
そろそろカラブリアに戻る私ですが、遠い日本でもどこかでカラブリアに興味を持たれてる方がいるだろう、とカラブリアをどんどん追究していきたいと思います[#IMAGE|S56#]