ンドゥイヤのパスタ

投稿日: 10件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

最近は日本でも有名になってきたカラブリアのンドゥイヤ


油の多い部分の豚肉とカラブリアの唐辛子を混ぜ合わせ腸詰にし、熟成させ、最後に伝統的な方法で燻製された、柔らかいペースト状の物です。
お肉だけならサラミやプロシュート(生ハム)のように固体になるものの、たーっぷり粉末ペペローネが入っているので、熟成し燻製されても、柔らかいペースト状のままを保ちます。
とっても辛そうに見えますが、この記事でも書いたように、甘いペペローネと辛いペペロンチーノを混ぜ合わせているため、口から火が飛び出るほど辛くはありません。
食べ方としては、パンにつけて食べるのが主流ですが、私はパスタに入れるなど、調味料として使うのが気に入っています。
カラブリアのピッツェリアでは、「カラブリア風ピッツァ」として、ベースのマルゲリータにこのンドゥイヤ、トロペア産の赤い玉ねぎをのせたピッツァがメニューにあります。
このピッツァは病みつきになります。美味しすぎます!
そしてン先日、ンドゥイヤとツナのパスタを作りました。


トロペア産の赤い玉ねぎと、ツナ缶、ンドゥイヤを炒めただけのパスタ。
ンドゥイヤはカラブリア南部・スピリンガ村の特産品、もちろん赤い玉ねぎはトロペア産、
そしてツナもトロペアにとっても美味しいツナ缶を生産している会社があります。
ということで、カラブリア南部の海と山の幸、美味しさが詰まった一皿です。
(その上簡単!^^)
海と山の幸と言うと、イタリア料理のメニューでも使われる「Mari e monti (マーレ・エ・モンティ)」
Mare=海、Monti=山、海の幸と山の幸を一緒に合わせた、欲張りな一皿、と表現したいときに使われます。
マンマと料理しても、シーフード系のトマトソースを作るとき、少し冷凍のポルチーニを混ぜたり、隠し味にします。ちょっと欲張りなお料理です♪
↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

南イタリア・カラブリアでアドベンチャー!

投稿日: 12件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

先週~昨日まで、小学校の頃からの友人が南イタリア・カラブリアに遊びに来てくれました!
彼女は、アイルランド人のご主人と私と同じ年に結婚し、現在はUAE在住。
暑すぎるUAEの夏、そしてこの時期ラマダンがあるため、過ごしにくさ倍増なようで、今年はイタリアに避難すると決めてくれたのです。
実際日本よりも近い距離にいながら、なかなか機会が作れなくて3年以上会えていなかったので、本当に嬉しい再会でした。
ご主人はラフティングやカヌー、カヤックのアドベンチャーガイドの経験もあり、そういうアドベンチャー大好きな人。
南イタリア・カラブリアは二つの海に面していて、海に関するスポーツもさかん。
そして山や川のスポーツ、ラフティングやキャニオニング、ロッククライミングなんかもさかんで、夏季は楽しめるところがたくさんあります。
ポリーノ国立公園の一部、ラガネッロ渓谷にてキャニオニングをやーっとトライしてきました!
キャニオン(渓谷)で遊ぶフランス発祥のリバースポーツ。ヨーロッパでは古くから親しまれている。
ロープを使って下降をしたり、岩の上から水面へジャンプをしたり、落ち込み(小さな滝)をウォータースライダーのように滑り降りたり、泳いだり、プカプカ浮かんだり、と、川の流れにそって下流にむかって進んでいくリバースポーツである。


今回の写真はスポーツ用ウォータープルーフカメラ、Goproにて撮影。ムービーも載せたいのですが、現在編集中。ちょっとスポーツ感溢れる写真です。
まずはチヴィタという町から徒歩でキャニオンを登っていきます。
私はもうその時点で息切れ止まらず。30~40分程度でしたけど、あれ以上続いたらギブでした。
体力つけないと!9月からジムに戻ろうと心に決めました。
それでも目の前に広がる岩山にはしばし感動。


やっと川まで降りて、しばしの休憩。なんだかこんな平和な景色がずっと続くのかと思ったら・・・。


その後、思ったよりハードなコースで(私だけ?)、ロープを伝って岩を降りたり、滝を降りたり。
岩で自然に出来た滑り台は楽しかったけれど、問題は岩下り。
友達とご主人はもちろん経験者。特にご主人はそれが仕事。
みんなするする降りていくので、「やればみんな出来るのね^^」なんて思ったら大間違い!
足を広げて踏ん張って、おしりを突き出して降りなきゃいけないのに、私は全くコツがつかめず真下に下りる方法。→ 下にはシモーネとご主人のショーンが待機していてくれ → まさしく救助完了
後からムービーで見ると、私は降りてるではなく「救助されてる」様子でした。
水は冷たく、でも海水とは違うので、べたべたしないし、気持ちいい。


いざ!


自然に湧き出る水が作り出す滝があったり、そこに入ると虹が見えたり、自然って偉大。


上に見えるのがチヴィタの観光名所、Ponte del diavolo(ディアボロ橋)です。
雨が多い秋~冬は水量も増えるので、キャニオニングは出来ず、夏季の間だけの楽しみです。
翌日、笑ってしまうほど体が痛いのですが、この絶景はまた見たい!と思わすものでした。
↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村