あまり知られていない、イタリア少数民族 アルブレッシュ(Arbereshe)

投稿日: 8件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

あまり知られていないが、イタリアにも少数民族がいる。
現代、何百人もの人が小船に乗って命をかけてイタリアへ渡ってくる『移民』とは違って、この地に昔からいる少数民族。それはイタリアの人口の7%とわずかなパーセンテージだが・・。
北イタリア・南チロル地方のチロル人(ドイツ系イタリア人)と南イタリアのアルバニア人である。
アルバニア人とつくだけあり、先祖がアルバニアからやってきた人たちで、南イタリア(主にカラブリア州・バジリカータ州・シチリア島)に約50もの「アルバニアを祖国とする人たちの町」が点在する。
特に私の住んでいる、コセンツァ県(Provincia di Cosenza)には、かなりの数でアルバニア人の町が存在するので、とても身近な存在だ。
ギリシャに程近いアルバニアはもともとギリシア正教の国であるが、中世、オスマントルコと戦い、支配されてきた歴史があり、政治や宗教的にとても難しい位置にあったアルバニア。
アルバニアの位置。クリック
15世紀に何度もオスマントルコ軍に押し寄せられた時、英雄であるアルバニアのスカンデルベグは、アルバニア北半を統一し、オスマン軍を撃退することに成功し、25年間にわたって独立を保った。
彼の勇ましい戦いのおかげで、イタリア半島までオスマントルコが押し寄せなかったといっても過言ではなかった。
彼の死後、最終的に1480年、オスマン帝国によって併合され、多くのアルバニア人がイタリアに渡ってきた時、スカンデルベグの功績が称えられ、南イタリアの各地にアルバニア人の住む集落を与えられた。
そのため南イタリアのアルバニア集落には必ず、英雄スカンデルベグの像がある。


とっても勇敢なお顔つき。
祖先はアルバニアに属するアルバニア系イタリア人のことを、アルブレッシュ(Arbereshe)という。
現在アルバニア系民族の方も、もともとアルバニア系というだけで、そのもともとがイタリアにほど近い国からやってきたから、顔つきも似ているし、「祖先が15世紀にやってきた」と言うだけでイタリア語を学校では話すし、変わりはない。
しかしイタリアに存在する2つの少数民族のうちの1つである誇りは高く、民族衣装や伝統、言語、宗教、料理など、現在でも守り続けている。
学校や公共の場ではほとんどイタリア語を使う彼等だが、町の標識はイタリア語・アルバニア語の両方が記載されているし、家ではアルバニア語を使う、なんて家庭も少なくない。
町を散策して面白いのが、特に教会。
アルブレッシュの宗教はもともとギリシア正教であった。教会内部も教えも、作法もカトリックのものとは少し異なる。※現在のアルバニアの宗教はイスラム教徒が多いという。
教会内部は、木製の祭壇でとても温かみがありませんか?


アルブレッシュの宗教は、「ギリシア・ビザンチン宗派」としてキリスト教の一つの宗派であり、ローマ法王に属していますが、オリジナルの正教徒である人もいます。
イタリアはカトリックの教会がほとんどですが、南イタリアのギリシア・ビザンチンの教会、正教徒の教会もありますので、それも見所の一つかなと思います。
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

待ってました!今年の保存用オリーブ♪

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

今年は10月に入っても良い天気が続いている南イタリア・カラブリアです♪
そしてやっと!オリーブの季節になりました。
オリーブといっても種類がたくさんあるのですが、季節の初めにお目にかかるのはこの緑色のオリーブ。


毎年メルカートにやってくるルイージさんから買うこのオリーブ。
早摘みのオリーブでもしっかりふっくら実がたっぷりで、化学肥料一切加えていないオーガニックオリーブです。
オリーブってそのまま口にできないほど、とっても苦いんです。
必ず苦味抜きの作業が必要となり、うちで行う方法は2種類あります。
①苛性ソーダという劇薬を使って、苦味を抜く方法
 約24時間、苛性ソーダ水に浸し苦味をとってから、1週間以上かけて今度は劇薬を抜いていく方法。
②オリーブを潰して、種を取り除き、水に浸して約1週間かけて苦味を抜く方法。
毎年20キロ程度を行うので(マンマと共同で)、いつもお世話になっている人におすそ分けしたり、家族で食べたりしているうちに、すぐになくなってしまうんですけれどね。1年分なんて夢のまた夢。
先週、②の方法(スキャッチャータ:伊語 潰すという意味)を5キロ分作業しました。
潰して種を取り除き、水に浸し苦味をとり、毎日水をしっかり取り替えていきます。
苦味が取れたら、水分をよーく切って、塩で味をつけていきます。


お好みでカラブリアらしく、唐辛子・ペペローネ・にんにくを加えて出来上がりです!
塩分しっかりでビールのおつまみに最高で~す(*^_^*)
そして別の5キロは①の方法で・・・現在仕込み中。

こうやって上に布巾を乗せておくと、綺麗な色を保てるとか。主婦の知恵です。
緑色のオリーブでも、木により場所により、このルイージさんのオリーブのようにふっくらしていないものもたくさんあるので、「緑色のオリーブならどれでも大丈夫!」と言えない。
私も去年まではさっぱりわからなかったけれど、今年は目で見て「これはいいオリーブだ!」と分かるようになってきました。
苛性ソーダを使いたくない・・・と言う人も時々います。
その場合は、灰を使って苦味を抜いていく方法、濃い目の塩水に1年以上つけておく方法など、色んな方法があります。
そしてもう少しすると、黒いオリーブが市場に出てくるし、運が良いと苦味を抜かなくても熟して甘く美味しいオリーブを見つけることが出来ます。
この熟した甘いオリーブは、フライパンで少し炒め、塩と唐辛子をいれるだけで・・・・最高です!
忙しい、収穫の秋がやってきました~!!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

Fiori di zucca ~かぼちゃの花~

投稿日: 8件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

先日おすそ分けに頂いた、フィオーリ・ディ・ズッカ(かぼちゃの花)。


日本のかぼちゃも同じ花を咲かせるのでしょうか?
イタリア語で、かぼちゃとはズッカ(Zucca)、ズッキーニはそのままズッキーニですが、Zucchineと書き、
小さいかぼちゃの種類とされます。
ズッキーニとは、果実の外見はキュウリに似るが、カボチャ(ペポカボチャ)の仲間。主に緑果種と黄果種がある。wikipediaより
ですので、日本でかぼちゃやズッキーニを栽培されている方がいらしたら、このお花とても美味です。
力強い味ではなくて、とても優しいお味。フリッタータ(イタリア風卵焼き)、てんぷら、スープやパスタなんでもお試しください!
これはかぼちゃの花のてんぷら。イタリア語でフリッテッラとも言いますが、卵なしで作ったのでそのままてんぷらでした。


ズッキーニとお花のパスタもなかなか美味。


メルカートで見かけることはあってもなかなか買わないもの。
というのもおすそ分けで年に3回くらいはいただけるから。
お料理がカラフルになって、気分もよくなっちゃう一皿でした♪
↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

まさに!ハウスワイン作り

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

何でも作ってしまうカストロヴィッラリ商店街のお隣さん、ダヴィデ。
彼のお宅で、ワイン作りお手伝いしてきました。
彼の偉いところは、奥さんに頼らず自分が中心になって行うところ!
日曜以外はカストロヴィッラリの老舗の印刷屋として、忙しく働いているのに、どこにそんな余裕があるのかと感心してしまう。
ワインの元となる葡萄は、毎年購入するそう。
葡萄のお世話は、オリーブの木のように、簡単ではないのです。
今年は600キロの葡萄を購入した彼。
100キロあたり55ユーロだった。ので600キロで材料費330ユーロ。
その年の葡萄にもよるが、大体75%くらいの量ができるそうで、出来上がりのワインは450リットル程度。
前日の夜にブドウの房を取るマシーンにかけてくれていた状態。


房はほとんど取れ、ぶどうジュースとブドウのミックスの段階。
これは糖度からアルコール度を測るもの。
現在糖分20%なので・・・できるワインは13%だと。最初から分かるって素敵。


このマシーンは葡萄を入れて潰していくもの。皮と種が残ります。


一番上の写真のブドウとジュースのミックスを汁ごとマシーンに入れていきます。


いっぱいになったら上に木をのせ、圧力かけて潰していきます。


どんどんぶどうジュースが出ています。出てきているブドウジュースは甘くて美味しい。


潰して潰して、これ以上でない所までがんばった状態。ブドウの皮の石!


一旦別の場所に移し休ませる。そうすることで、またブドウ汁が出るのだとか。


再度マシーンに入れ、潰していきます。30リットルくらいは搾れましたー!


小さなサルヴァトーレもお手伝い。働き者~!


ここで発酵させ、糖分がアルコールに変わってから漉して、保存容器に入れて熟成させる。
発酵期間は年によって異なり、今年はまだ気温が高いから2・3日だろうと。
11月くらいから飲み始めるそう。
今でもワインを作る家庭はそんなに多くないが、ダヴィデ曰く「1年に1度だけだから出来る」という。
季節を感じ、1年に1度どーんと1年分頑張る。
サルシッチャもそうです。毎日作るわけじゃないから。
彼のワイン、美味しさの秘密はなんといっても、葡萄ナチュラル100%。
余計なものが一切入っていない。
気軽に飲むワインだけれど、本当に美味しいのです。
工場化したワインとは違う作り方だろうが、古代ローマ時代の人々も同じ方法でワインをたしなんでいたんだろう。
ダヴィデの方法も昔ながらのやり方。そして大地の恵みをしっかり味わえる方法。
11月、楽しみです。
今年はお手伝いしたから、おすそわけも一段と美味しそう!
↓クリック頂けたら励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村