辛い?辛くない?カラブリア料理

投稿日: コメントするカテゴリー: マンマの郷土料理レッスン, マリアンナ・マンマのレッスン

カラブリアに来て下さる方は「カラブリアは辛いものがたくさん!」という情報を持っていらっしゃいます。
そして、マンマのお料理やレストランで食事をする時には、ある程度構える方が多いですが、
始めの一言、「あ!そんなに辛くない!」と言われる方がほとんど。(笑)
そうなんです。
カラブリアは辛いものばかりではありません!
そして辛さも後から調節できるように、後足し型なので、マンマはそんなに辛くはしません。
その代り、必ず食卓にはペペロンチーノそのものや、ペペロンチーノ・オイルが置かれ、好きな人は後足しします。
お料理の段階でピリ辛にするものももちろんありますが、ピリ辛程度で激辛にする人もあまりいません。
一番重要なことは、「唐辛子の辛さを知っておくこと。
唐辛子は本当にいろんな種類があるし、同じ植木からできる唐辛子でも大きさや成長具合によって辛さが違ったりします。
一番手っ取り早く誤りが少ないのは、唐辛子を乾燥させ粉末状にしたもの。
でも粉末にすると唐辛子の持つ、スカッとした辛さが失われると言われ、好みもありますね。
先日お料理レッスンで作った赤いサルシッチャ。
色からするととーっても辛そうですが、辛くないペペローネの粉末(粉末パプリカ)も入れているので、そんなに辛くないはずが・・・
いつもより多く粉末唐辛子を入れてしまったそうで、とっても辛かったのです(苦笑)
腸詰して


一晩寝かせて


バーベキューにして頂きました。


マンマ歴の長いマリアンナさんでしたが、それでも毎回完璧に同じにはならないそう。
ペペロンチーノも奥が深いです。
辛い中にもうまみがあって、美味しかったです。
そしてこれはまったく辛くない、野菜とカヴァテッリパスタ。


カラブリアの人はお肉のソースを好むところがありますが、私はこういう野菜ベースのパスタの方が好きですね~。
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

この野菜、何でしょう??

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

ポリーノ国立公園の奥地、ロトンダという町で作られているこの野菜。
何だと思いますか??


ロトンダ近くの街の人なら、常識のようにわかるはずが、40キロ程度しか離れていないカストロヴィッラリの
メルカートではなんと普通にトマトだと思っている人が多い!
浸透していないのが不思議~。
私なら新しいものにすぐに食いつくのに・・・笑。
なんとこれ、ナスなんです。
開けてみるとこんな感じ。


中はナスっぽいですね。
その名も、Melanzane rosse di Rotonda! (ロトンダの赤いナス)です。
特徴としては、普通のナスに比べて辛く苦みが強いです。(ピッツィカ!)
いろいろ試しがいがあるわ、とまずは赤いナスの詰め物、リピエーネを。


私にとっては好きな苦み具合でしたが、人それぞれだろうな、というお味。
お酢を少々加えて茹でたので、丁度いい具合の苦みでした。
そしてパスタにはナスのペースト状にして。


ペコリーノチーズを加えて少々まろやかにして頂きました。
少し大人の味のナスですが、これも大地の味。
苦みと辛みがあるので、ナスとペペローネ、ペペロンチー二の間の子というような味。
これからも時々食卓に登場する野菜となりそうです!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村