ピッツォ・カラブロのタルトゥーフォ

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

プチバカンス最終回です・・・
プチバカンスの帰り道、ラメッツィアテルメにほど近い、ピッツォ・カラブロという町に寄りました。
この町はなんと、イタリア各地で食べられているジェラートアイス、タルトゥーフォの発祥の地です。
レストランやbarなどで「タルトゥーフォ・ディ・ピッツォ」といえば、この町で作られているもの、もしくは同じレシピで作られているものになります。
タルトゥーフォというのは、トリュフの事。
もちろんトリュフ味ではありませんが、姿かたちがトリュフに似ているからこの名前が付いています。
表面にはカカオがかかり、中はヘーゼルナッツ味のジェラートアイス、アイスの中央にはチョコレートクリームが入った、なんとも欲張りなアイスです。


老舗、ジェラーテリア・ダンテという町の中心ピアッツァ(広場)にあるお店で頂きました。


夕暮れ時で、まだ暖かい日が続いていたので、家族とお散歩をしている人がたくさん。
素敵なピアッツァで綺麗な夕暮れ、旅の終わりに、いい一時を過ごしました。
まだ日があるうちにお散歩すると、日の沈む方に向けて、針金で作った男性の姿が。


黄昏てます~。
プチバカンス最後の夕日。

またね!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリア南部の全粒粉パスタ、ストロンカトゥーラ

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

プチバカンス先では、シーフードと南部カラブリアの郷土パスタ、ストロンカトゥーラを食べるのを楽しみにしていました。
同じカラブリアでも南部のヴィボ・バレンティアやレッジョ・カラブリアは私の住んでいる北部からは遠く、ストロンカトゥーラをメニューで見たこともありませんでした。
ストロンカトゥーラ・パスタはリングイネの様な太さのパスタで、ピアット・ポーヴェロ(貧しい食事)と呼ばれてきたカラブリア料理の代表のようなパスタ。
白くキメの細かい高価な小麦粉を使わず、殆ど価値のない余った粉を使っていたそうです。
人が食べるというより、家畜に与えるに等しい食べ物だったそう。
パスタの色は白ではなく茶色っぽい色をしています。
酸味がとても強いパスタだったので、にんにくやカタクチイワシ、ンドゥイアなど味の強いものと合わせて食べられてきたそうです。
現在では全粒粉を使っていますが、コシが強く、粉の味がしっかりしているので、お蕎麦にとても似ている食感でした。


昔は貧しい人が食べるものだったんでしょうが、今では大切にされている郷土パスタです。
洗練された食感ではないけれど、美味しかったです。
次回はストロンカトゥーラとンドゥイアを試したいです♪
味付けもかなりにんにくが効いていたので、それも伝統なのでしょうね。
順番は逆ですが、アンティパストも。


地元で獲れる新鮮なお魚を使った海の町の郷土料理。
メインは、グリルしたお魚たち。


レストランではお醤油では頂きませんが、こういう焼いたシンプルなお魚大好きです。
心の中では、白いごはんとお醤油があれば。。。なんて思いますけれど((笑))
同じカラブリア州のプチバカンスでしたけど、のーんびりできたし美味しいものも食べれたし大満足でした。
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

トロペア散策♪

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

プチバカンス先のカポ・ヴァティカーノからほど近い、トロペアまでお散歩に行きました。
トロペアまでは何度も来ていますが、美しい海と可愛らしい旧市街地が魅力的です。
ここトロペアからもエオリア諸島へのクルージングが出ているので、島の火山トレッキングに行きたい~と思いながら、2泊3日なので断念。
9月末にもなると人は多くなかったですが、7・8月は美しい白い砂浜が見えないほど、カラフルなパラソルで埋まります。


街のシンボル、Santa Maria dell’isola教会。


ここの教会、長い間修復工事のため中に入れなかったのですが、友人から「修復工事終わって中に入れたよ」と聞いていたので、楽しみにしていたんです。
が、今回も閉まっていては入れませんでした・・・。
近くのBarのお兄さんに聞いてみると、「修復終わったのに神父の気分次第で開いたり閉まったりだよ」
なーんて言っていましたが、真相は定かではありません・・・。
気を取り直して町散策、と言っても食べ物ばかり(苦笑)
何と言ってもトロペアの赤玉ねぎですねー。甘くてとっても美味です♪




観光地ってレストランの数は多い分、当たりを見つけるのが難しい!
トロペアでも海辺の町だからシーフードを食べたい一心で、いまいちだった経験が何度もあります。
念入りに調べて行ってもまずくはなかったけれど・・・感動はしなかったという経験も。
今ではネットでレストランの情報はたくさん手に入るけれど、一番信頼できるのは、食べるコトが好きな人からのおススメですよね~。
急なことで誰とも連絡が取れず、今回は無難に切り売りピッツァとアランチーニにしておきました♪
もちろんトロペアの赤玉ねぎ入りで、あまーくとっても感動!これは家でもぜひ取り入れたいアイデアでした。


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村