カーニヴァル@カラブリア

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

華やかなカーニヴァルと言えばヴェネチアのカーニヴァルが有名ですね。

本来のカーニヴァルは、Carne(カルネ:肉),Levare(レヴァーレ:取り除く)というイタリア語に由来し、
パスクワ(復活祭)の40日前にあたる日、 Martedì grasso(肥沃な火曜日)を最後に肉断ちの期間が始まります。
その期間に入る前に、いっぱいお肉を食べてワインを飲んで騒ごう!というのが今でもカラブリアのカーニヴァルの姿です。

全ての町で行進は行われませんが、私の住む町では盛大に祝われます。
その場所ごとに仮面が有名だったり、山車が見所など、特色がありますが、私の町は綺麗な衣装や仮面に毎年力が入っています。
IMG_1151
今年は天気に恵まれ、日曜日と火曜日、両方とも行進が行われました。
IMG_1157
華やかでたくさんの見物客とカメラマンがいましたよ♪私もカメラを持って構えていました。

カラブリアのカーニヴァルで食べられるものといったら、サルシッチャですね。
サルシッチャのパニーニなどはみんな頬張って食べています。そしてワイン!
お菓子はイタリア全土で食べられている揚げ菓子キアッケレやカスタニョーレを食べます。

カーニヴァルも終わり、お肉屋さんは繁盛しないかな?なんて思いましたが、今では普通に食べている人が実際ほとんどですけれどね!

カラブリア州の豚さん解体&保存食作り②

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

前回からの続きです。
3日目にやっと、腸詰開始!
と言っても、3日目の朝は豚さんのトリッパ(胃の部分)を綺麗に洗ったり、脂身の多い余計な部分もしっかり洗いジェラティーナを作る下準備をしたり、寒い冬なのに、冷たい水を使い洗わないといけないので、大変な作業です。


さすがに丸3日ほとんど同じメンバーで作業していると、皆さん疲れている様子。
冷蔵庫に入れて来週作業、と言うわけに行かないからみんなで協力しなければいけません!
大き目の腸を使い詰めていくのは、ソプレッサータです。


最初の2週間は重石を置いて余計な空気を抜いていきます。
細い腸はサルシッチャ!乾燥させてもOK、私はお土産にもらったので早速食べてしまいました!


カラブリア人の愛する、サルシッチャと葉野菜ラーペの炒め物。


サルシッチャやソプレッサータ作りには適切な脂身を入れることがとても重要です。
そうでないと硬いだけになってしまいますからね。。
ただ脂身が大きすぎるのは私は好みではないのですが、彼らのサルシッチャは本当にちょうど良かったです。
私たちが参加したのはここまで。
これから乾燥保存、ジェラティーナ作り、、、、まだまだ続いていくんです。
またサルシッチャやソプレッサータが出来る頃、覗きに行ってきます♪
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村