アルブレッシュだけが作る伝統パスタ

Posted コメントするカテゴリー: 未分類

カラブリア州北部のアルバニア集落だけで食べられる伝統的な手打ちパスタの一つ「シュトゥリーディリャ」
何度書いても読んでも舌を噛みそうな名前なのですが、15世紀にアルバニアからやってきた祖先から伝わるパスタです。
現在のアルバニア料理は、トルコの影響を多く受けているので、今ではほぼ食べられていないそうなのが残念ですが。
担当の講師は、何度もアルバニアに足を運んでいて、アルバニアのテレビ番組でもこの中世アルバニアからやってきて現在でも残っているパスタや言語を披露しています。
手際よくパスタが切れないように伸ばしていきます。


ルチェッタさんの最高の笑顔!

隣町のアルバニア集落で話される方言が、現在のアルバニア人ともほとんど意思疎通ができるのが驚きです。
現在のアルバニア語は少しずつ変化していったところがありますが、この地方のアルバニア集落の言葉の方がオリジナルに近いそうです。

この伝統的な手打ちパスタが現在のアルバニアでも食べられていたならより面白かったなぁと思います。
それでもここに奇跡的に残っているアルバニアからやってきたパスタ、後世にも残していって欲しいです。

アルブレッシュ文化に触れる1日

Posted コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

私の住むカラブリア州北部に多く点在するアルブレッシュ集落。
民族衣装、言語、郷土料理、宗教など本当に独特で、その上アルブレッシュ集落の人々はこの歴史深い彼らの文化を後世まで残そうと大切に守っています。

よくご案内させていただく、自然の美しいアルブレッシュ集落Civita。
私も住み始めた頃からよく通っていて、大切なお世話になる人たちが多くいます。
このCivita、昨年公開されたアメリカ映画「ゲティ家の身代金(All the money in the world)」で撮影に使われました。
撮影隊がやってきた週は、それはそれは近辺の町はそわそわしていて、撮影のエキストラとしてのオーディションに行った人なんかもいました。

その街の教会はカトリックの教会とは少し違う、ギリシア・ビザンチン祭式であります。
教会の中はこんな感じ。

お隣町の民族衣装博物館もとてもおススメです。

ご希望の方には、民族衣装を体験で着ていただくことも出来ます。
私も一度着させてもらいました!

今では民族衣装を着るのはお祭りごとや結婚式の時だけです。
女性は特にきっちりメイクして髪の毛もアップにして、伝統の髪飾りをつけますので、私の用にボサボサ頭では何だか物足りない感じです。。