自家製・乾燥パプリカ

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

カラブリア料理には欠かせない、乾燥パプリカ。 辛いだけでない赤さの秘密はこのパプリカです。 唐辛子とパプリカ、それぞれ乾燥と粉末を用意するのがカラブリアの家庭。 乾燥トマトのように手がかかるものではなく、太陽が強い8月中旬~下旬にたこ糸を通して干しておくだけ。 約1ヶ月もしないでこの状態。 私はベランダに干しておいたものの、違うことに気が取られていて全く気にかけずにいましたが、毎年のごとくしっかり綺麗に乾燥できていました。 これから秋・冬料理には特に欠かせない乾燥パプリカの準備も整いました!

サルデーニャ料理レッスン@カラブリア

投稿日: コメントするカテゴリー: イレアナ・マンマのレッスン

私の義母は35年以上カラブリアに住んでいますが、サルデーニャ島の出身です。 ですので、カラブリア料理だけでなく時々サルデーニャ料理やお菓子を作ってくれるのがとっても嬉しいです。 先日、イタリア料理家の前澤由希子先生がいらしてくれた時に、サルデーニャ料理レッスンを開催しました。 今回のプリモは「フレーグラ」という米粒サイズの丸い形をしたパスタをオーブンで軽く焼いたものを使いました。 このフレーグラ、日本でも探せば手に入る一品らしいですが、陸の孤島のカラブリア州。同じイタリアでもなかなか売っていません。最終的にミラノに里帰りしていた友達にわざわざ買ってきてもらい、手に入れることが出来ました。 海老 […]

マンマの優しい味のお料理、手打ちパスタ「ラガネ」

投稿日: コメントするカテゴリー: ルチェッタ・マンマのレッスン

最近一気に春めいてきた南イタリア・カラブリア州。 メルカートでみる野菜も少しずつ春色になってきました♪ ソラマメや新玉ねぎ、生にんにく、グリーンピース、イチゴなどなど、お買い物が楽しい季節です。 お料理レッスンをお願いしているルチェッタさんは、缶詰や保存用のトマトソースをあまり使わず、出来るだけフレッシュなもので優しい味付けをするのがとても特徴的です。 古代ローマ時代から食べられているという、古い歴史をもつパスタ「ラガネ」とひよこ豆のパスタを作りました。 このお料理はここカラブリア州北部で、3月19日、イタリアの父の日「サン・ジュセッペ」の日に食べられる料理。 小麦粉と水だけで作られる、パスタ […]

NHKラジオ・世界のイチメンでアルバニア系イタリア人文化を紹介しました♪

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

事後報告となってしまいましたが、3月18日(土)のNHKちきゅうラジオの中の「世界のイチメン」というコーナーにて、カラブリア州のアルバニア系イタリア人集落のお祭り、Vallja(ヴァッリャ)を紹介いたしました。 今から6世紀前にアルバニアからイタリアにやってきた人々を祖先に持つ街々で、現在でもその時にアルバニアから持ってきた言葉を話します。もちろんイタリア人なのでイタリア語はOKですが、家族で話す言葉はイタリア語とは全く異なる言葉を話します。 今のアルバニア語とは共通する所も多く、ほぼ意思疎通は出来るそうですが、時間がたち変わってしまった現在のアルバニアで使う新しい表現など理解が難しい点もある […]

凄腕マンマ、アニータさんのお料理レッスン

投稿日: コメントするカテゴリー: 未分類

まだ日差しが暑かった9月、カラブリアの凄腕マンマ、アニータさんのお料理レッスンを開催しました。 カラブリアの郷土料理のスペシャリストと断言できるアニータさんは、ご家族で持っている畑から収穫できる野菜を使い、地元で獲れる魚やお肉を使うなど、『地産地消』の生活をしています。 保存食の作る数はものすごく多く、食べ物を無駄にしないで、大家族を満足させてくれる豊かな食卓を作り上げるアニータさんには、学ぶべきところがたくさんあると毎回感じます。 お客様の希望通り、たくさんのメニューを限りある時間でこなしていきます。 ピッタ・リピエーナ、詰め物をしたカラブリアのピッツァのようなものです。今回はラーペとサルシ […]

カラブリアの郷土料理レッスン

投稿日: コメントするカテゴリー: マリアンナ・マンマのレッスン

カラブリアの郷土料理は、場所が変われば料理や料理の名前がガラっと変わります。 料理もそうだし、特に郷土菓子については収集不可能に近く、名前を聞いてもわからない。 材料やレシピを聞くと、「あ、そのお菓子は私の町では○○というのよ!」と方言も混ぜていうので、かなり複雑。 カラブリアの方言以外にもアルバニア語の方言もあるので、本当に難しい。 カラブリアといっても広いので、この郷土料理はカラブリア州北部、山の中の街、チヴィタのもの。 チヴィタは崖の上に立つ絶景の街で、街のすぐ近くにあるラガネッロ渓谷はヨーロッパ一長い渓谷です。 こういう平地ではない山の中の街の郷土料理は「ヤギ」さんです。 今回は「Ca […]

見所あり!アルブレッシュ集落の伝統衣装博物館

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

南イタリアに多く点在する中世アルバニア集落。 特に私の住むコゼンツァ県には多くあり、カラブリアの歴史や文化の一つであると感じます。 アルバニア集落は15世紀以降、何回かに分けてこの南イタリアにたどり着いた人々が住み始めた村で、面白いことにそれぞれの集落ごとに民族衣装の装飾や生地、色、意味合いまで多種多様なのです。 様々なアルバニア集落の伝統衣装をミニチュア・人形サイズで細かい部分まで再現してある博物館へ行ってきました。 ここはこの町に住んでいたシスター達がこの珍しい文化を守ろう、後世にも伝えようと少しずつ手作業で作ってきた民族衣装博物館です。 おそらく住み着いた町ごと、人々のニーズや習慣、手に […]

岩山ポッリーノ国立公園トレッキング@カラブリア

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

カラブリア州の北部入り口に位置する広大なポッリーノ国立公園。 イタリアにある国立公園の中で一番広い面積であるポッリーノ国立公園は、お隣バジリカータ州とカラブリア州にまたがり、2000m級の山々と、見晴らしの良い頂上では、イオニア海とティレニア海両方を見渡すことが出来る、登山好きにはおススメの場所です。 昨年2015年には、ユネスコの生物圏保存地域・エコパークの一つとして指定されました。非常に多くの野生動物や花や木が生息していて、山登りだけでなくたくさんの発見をしていただけます。 私たちは初心者半日コースでトレッキングに参加してきました。まずは山の中の絶景修道院からスタートです。 岩山にひっそり […]

カーニヴァル@カラブリア

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

華やかなカーニヴァルと言えばヴェネチアのカーニヴァルが有名ですね。 本来のカーニヴァルは、Carne(カルネ:肉),Levare(レヴァーレ:取り除く)というイタリア語に由来し、 パスクワ(復活祭)の40日前にあたる日、 Martedì grasso(肥沃な火曜日)を最後に肉断ちの期間が始まります。 その期間に入る前に、いっぱいお肉を食べてワインを飲んで騒ごう!というのが今でもカラブリアのカーニヴァルの姿です。 全ての町で行進は行われませんが、私の住む町では盛大に祝われます。 その場所ごとに仮面が有名だったり、山車が見所など、特色がありますが、私の町は綺麗な衣装や仮面に毎年力が入っています。 […]

カラブリア州の豚さん解体&保存食作り②

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

前回からの続きです。 3日目にやっと、腸詰開始! と言っても、3日目の朝は豚さんのトリッパ(胃の部分)を綺麗に洗ったり、脂身の多い余計な部分もしっかり洗いジェラティーナを作る下準備をしたり、寒い冬なのに、冷たい水を使い洗わないといけないので、大変な作業です。 さすがに丸3日ほとんど同じメンバーで作業していると、皆さん疲れている様子。 冷蔵庫に入れて来週作業、と言うわけに行かないからみんなで協力しなければいけません! 大き目の腸を使い詰めていくのは、ソプレッサータです。 最初の2週間は重石を置いて余計な空気を抜いていきます。 細い腸はサルシッチャ!乾燥させてもOK、私はお土産にもらったので早速食 […]

カラブリア州の豚さん解体&保存食作り

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

1月に入りやっと気温が下がってきたカラブリア州。 今年もまたこの季節がやってきました♪豚さんを使った保存食作り! カラブリア州では田舎に行くほど、今でも豚さん1頭を屠殺し、血まで無駄なく保存食作りを続けている場所は多く、今でもまだ伝統行事の一つとして続けられています。 今中心になって行っているのは私の両親の年齢がほとんど。 私たちの世代になると、きっと続けていく人は今より少なくなるだろうと思います。 今ではお肉を食べない人の割合も増えているし、内臓系を食べない人も増えています。私もサルシッチャやお肉は食べるものの、好きじゃない・食べられない部分も多いので、1頭屠殺することはないと思います。 無 […]

プレセーペ・ヴィヴェンテ@カラブリア

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

プレセーペ(プレセピオ)とは、キリストの誕生シーンを人形を使い再現したもの。 イタリアのプレセーペはそれぞれとても凝っていて、水の流れまで用意しているプレセーペもあります。 日本で馴染みのあるクリスマスツリーやサンタさんとは違い、カトリックの国では、クリスマスツリーの他、プレセーペの飾り付けも各家庭では欠かせなのです。 クリスマス25日の0時を過ぎるとき、カウントダウンをしキリストの赤ちゃんの人形をプレセーペの中に置くのが習慣です。 お隣町のBorghi piu belli d’italiaに指定されている旧市街地が美しいモラーノ・カラブロで、プレセーペ・ヴィヴェンテ(人を使ってキ […]