半年がたちました

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

イタリアに来て6ヶ月がたちました 半年もたてばかなりイタリア語話せるでしょ?という質問にはノーコメント(汗) 耳はもちろん少しずつ慣れてきたかもしれません けれど話すのは本当に一苦労、綺麗なそして流暢なイタリア語を話せるようになるにはどのくらいの月日を要するのでしょうか。。。 その上今まで彼と英語で話していたのをイタリア語に徐々に切り替えてから英語を話そうとすると真剣にイタリア語を話していたり頭の中の引き出しは一向に整理されていません!! イタリア語も英語も(日本語も)全部中途半端な状態 日本語は別としてまずはイタリア語ですね、ハイ。 週2回(約2時間)地元のscuola media(中学校) […]

待望の、、、、タコ!

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

先日フィッシング友Marcoから有り難いおすそわけを頂いてから、シモちゃんの頭の中は家作りよりもフィッシングの事でいっぱいのよう けれどうちの冷凍庫にはお魚がかなり保存してあるし、魚よりも新鮮なタコが食べたいな?と軽く言ったらさすが熱い男!さっそくどこの海がいいかいつ天気がいいかを調べはじめ、、、フィッシングへいざ出発! 近所の海辺の街Rossanoへ 朝暗いうちに家を出て日の出前に海に着いたのですがすでにたくさんの人達が釣りをしていました でもみんな釣り竿の釣りでシュノーケルでフィッシングをしているのは彼だけでした そうですよね、、、太陽があれば比較的温かいけれどまだ太陽も低いく寒い、、、 […]

おすそわけ

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアで収穫

フィッシング友Marcoからのおすそわけ ricciola(カンパチ?)です!!! 釣ったばかりでかなり新鮮なricciola その他にもカツオを頂きました ワタシヲタベルノ? イタリアでこの辺の人はカツオの事もTonno(マグロ)と言うのでちょっと前「Tonnoが獲れたよ!」って言われた時は、マグロ?!!!!!と一人で大喜びして彼の帰宅を待ってたら実はこんなサイズのカツオでがっくり気を落とした経験があります。 いつか100キロ以上のマグロを獲って欲しいです。 さてこの新鮮なricciolaを早速さばいてカルパッチョとお刺身にして頂きました。 お刺身にしても美味しかったんですがやっぱり日本じゃ […]

辛くておいしいもの

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアの食卓

カラブリア州特産の「NDUJA」(ンドゥイヤ) 前回紹介したサルデラよりも私好みのこの奥深い辛さ!! 豚肉に唐辛子を混ぜ込み、腸に詰めて熟成させたもの ものによりものすごく辛いものもありますが、今回買ったのはちょうどよい辛さ サラミやプロシュートと違って質の高い物を探すのは一苦労とお店の方の一言 やっとみつけたNDUJA、この街から遠いレッジョカラブリアに近い街から仕入れているそうです どうやって食べるのかと言うと、、、これも普通はパンに付けてたべるそう 辛いだけじゃなくにんにくの味もするのでパスタに入れたり炒飯に入れても美味しかった★ コチジャンみたいにバラエティーよく使えます♪ なかなか日 […]

ravioli 

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

お昼前mammaに「今日のpranzo(昼食)は何にする?」と相談するのですが、(もちろんmammaが指示し一緒に料理するので私はいつもお手伝い)今日はなんと、「ravioliを作ろう!」とmammaの一言!! 大好きなravioli、しかも手作りなんて最高[#IMAGE|S12#] 昼食は13時30分から14時くらいにみんな集まるので、その時間を目指して作るのですが、時計を見たらもう12時40分、私は料理スタートの準備できてもmammaは一向に始める様子もなく自分のスーツ作りに励んでいる、、、 ravioli間に合うかなーと慣れていない私は心配でしたが、さすが長年の主婦!しかも現役! 始めた […]

家作り2

投稿日: 5件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

いきなり冬が訪れました 秋はないの?と思うくらいいきなりコートが必要な今日この頃 家は生活できるようになって普通に住んでいますが、部屋を仕切るドアがまだなく、また窓周りも完成していないので冷たい風が入ってきたりと厳しい寒さです。。 しかも一つの部屋はまだ手つかずの状態なのでそこからも寒ーい風が。。。 シモーネが仕事から帰ってきてのんびり過ごしていた私たちですが、急遽寒さ対策の為、家作り再始動!! まずはバスルームの窓周りの寒さ対策!シャワーを浴びていても寒ーい空気が入ってくるので(涙) 無事に完成したので前よりかはましになりました。 家具もある程度は揃ってきました。 ↓部屋をしきるドアがないた […]

Pasta di casa

投稿日: 13件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

同じ街で一人で暮らしている彼のおばあちゃん 食事に招待してくれる時は必ず手作りのバスタをごちそうしてくれます 昔からバスタはほとんど手作りというおばあちゃん、スーパーで乾燥パスタを買う事は滅多にない! カラブリア州の花嫁は母親から何種類もの手作りバスタを覚えてからお嫁にいくのが伝統のよう 実際今ではあまり手作りバスタの食卓はそんなに多くないように思いますが、まだまだ伝統を貫いているおばあちゃん 「パスタの作り方を教えてもらいたい」 と伝えた所、待ってました!と言わんばかり嬉しそうでした。 今回はニョッキ作り、一人分の小麦粉は両手に盛ったこのくらいの量 もんじゃ焼きの土手のように土手を作ります […]

scapicie

投稿日: 5件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

ノンナ(おばあちゃん)や近所の方から頂いた大量のナス この辺りの人たちはお庭で野菜を栽培している人が多く、季節のものはあちらから、こちらからたくさん頂きます トマトはパスタのソースで毎日消費できるけれど、ナスは。。。? しかしそこは主婦の知恵! それをたくさん習わなければ! scapicie(スカピーチェ)これはカストロビレリの言葉でイタリア語ではle melanzane sotto l’olio(ナスのオリーブオイル漬け) ナスの皮を剥き細く切り塩揉みしお酢に丸一日漬けます 手ぬぐいを使いナスを絞り、十分に水分をとります そこにお塩、オリーブオイル、にんにくを入れ、お好みでpep […]

日々の家事仕事

投稿日: 3件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

「イタリアの女性は世界一よく働く」と何かで聞いた事がありますが、 それ本当です。世界一かはわかりませんが、本当によく働きます。 バスルームやキッチン、ベットルームも常に綺麗にしてあり、バスルームの鏡には水滴一つはねていないし、髪の毛なんて一つも落ちていない。 食事が終わるとガス台全部洗うので、常にピッカピカに綺麗。 イタリアのインテリアは「見せるためのもの、美しいもの」、日本のインテリアは「実用性のあるもの、便利なもの」という点でかなり異なっていると思います。 例えば普段は使わない綺麗なお皿やティーカップ、シルバーの置物などどこのお家にも「見せるため」に綺麗に飾ってあります。 ちなみに私と彼は […]

Ferragosto

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

約1ヶ月前の事ですが 8月15日はFerragostoという祝日でした 日本では終戦記念日(私の父の誕生日でもあるんですが)なので、何か意味があるかもと思い、「何を祝う祝日なの?」とこちらの家族に聞いてみると「8月15日だから祝うのよ!」と。。。意味不明な返答 自分で調べてみるともともとはAssunzione(聖母被昇天の日)という宗教的な祝日 イタリアの祝日というのは宗教的なものがほとんどで、逆に日本の「子供の日」など明確に意味がある方が逆にびっくりされます カトリックのお話を知らない私にとっては大体の祝日の意味がよくわかりません 8月15日の少し前から「どういう風に過ごすの?」とか「一緒に […]

シモーネのこと

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアで収穫

彼の仕事はCommercial Diver 石油のPlatform、海の中のガスのラインを組み立てたりメンテナンスをしたり、主に海の中での仕事をしています 仕事は1ヵ月半が1ターンとなりその間は船の上での滞在 もちろんお家にも帰ってこられません 結婚生活がスタートしたのですが、早速仕事に行かなければいけなくなり、1ヶ月半一人でお留守番です 日本とイタリアの遠距離が終わりやっとイタリアに来れたわけですが、イタリア国内でも遠距離です(涙) 今の仕事はイタリア国内なので携帯電話で1日に何度か話せて、逆に一緒にいる時よりちゃんと話を聞いてくれるし私も先のこと、イタリアでの生活、いろいろ考えるいいチャン […]

家作り

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

シモーネの家族が住んでいるお家(マンション)のmansarda(屋根裏部屋)に家を作っています。 2007年の終わりから徐々に少しずつはじめ、やっと今は住めるくらいになりました。 もともとは物置として使っていたのでいらなくなったもの、オリーブオイル、トマトソースなどの食料を保存しておく場所だったのですが、シモーネが仕事に行ってしまう時は私が一人になってしまうので、mammaの近くが一番いい、とみんなで相談し、屋根裏を改造しお家を作り始めました。 まずはいらないものを捨てるのに大苦労 学生時代の教科書、通学かばん、小さい頃の洋服、壊れてしまった電化製品、どこからかもらったのか使っていないマットレ […]