見所あり!アルブレッシュ集落の伝統衣装博物館

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

南イタリアに多く点在する中世アルバニア集落。

特に私の住むコゼンツァ県には多くあり、カラブリアの歴史や文化の一つであると感じます。

アルバニア集落は15世紀以降、何回かに分けてこの南イタリアにたどり着いた人々が住み始めた村で、面白いことにそれぞれの集落ごとに民族衣装の装飾や生地、色、意味合いまで多種多様なのです。

様々なアルバニア集落の伝統衣装をミニチュア・人形サイズで細かい部分まで再現してある博物館へ行ってきました。

ここはこの町に住んでいたシスター達がこの珍しい文化を守ろう、後世にも伝えようと少しずつ手作業で作ってきた民族衣装博物館です。_MG_1231_MG_1234

おそらく住み着いた町ごと、人々のニーズや習慣、手に入る素材の違いもあったのかと思いますが、近い村々でもここまで違うのか!と驚きました。金糸の刺繍などが豪華に使われているので、金銭的な面からもミニチュアサイズで再現されたのでしょうね。

_MG_1236

こんな感じに重ねて着ていく民族衣装の着方を見せてくれるものもありました。

小さな博物館ですが、最後には民族衣装を実際に着てみよう!というコーナーもあり。グループの方には全ての方にお試し頂くことは難しいでしょうが、代表の方に着てもらいましょう!

岩山ポッリーノ国立公園トレッキング@カラブリア

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

カラブリア州の北部入り口に位置する広大なポッリーノ国立公園。

イタリアにある国立公園の中で一番広い面積であるポッリーノ国立公園は、お隣バジリカータ州とカラブリア州にまたがり、2000m級の山々と、見晴らしの良い頂上では、イオニア海とティレニア海両方を見渡すことが出来る、登山好きにはおススメの場所です。

昨年2015年には、ユネスコの生物圏保存地域・エコパークの一つとして指定されました。非常に多くの野生動物や花や木が生息していて、山登りだけでなくたくさんの発見をしていただけます。

私たちは初心者半日コースでトレッキングに参加してきました。まずは山の中の絶景修道院からスタートです。

_MG_1362

岩山にひっそり佇む素敵な修道院です。

_MG_1358

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_1381

 

 

 

 

標識がありました。

周りになにもないので、景色は遠くまで見渡せてかなり高いところまで来た気でいましたが、標識をみると一目瞭然ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_1382

日差しは強かったですが、空気は冷たくトレッキングには最適の気候でした。

半日コースから1日コース、また自然にできる山の中の洞窟探検など、山の中で楽しむことの出来るアクティビティが数多くあります。お天気次第ですが、自然の中で過ごすのもおススメです!

 

カーニヴァル@カラブリア

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

華やかなカーニヴァルと言えばヴェネチアのカーニヴァルが有名ですね。

本来のカーニヴァルは、Carne(カルネ:肉),Levare(レヴァーレ:取り除く)というイタリア語に由来し、
パスクワ(復活祭)の40日前にあたる日、 Martedì grasso(肥沃な火曜日)を最後に肉断ちの期間が始まります。
その期間に入る前に、いっぱいお肉を食べてワインを飲んで騒ごう!というのが今でもカラブリアのカーニヴァルの姿です。

全ての町で行進は行われませんが、私の住む町では盛大に祝われます。
その場所ごとに仮面が有名だったり、山車が見所など、特色がありますが、私の町は綺麗な衣装や仮面に毎年力が入っています。
IMG_1151
今年は天気に恵まれ、日曜日と火曜日、両方とも行進が行われました。
IMG_1157
華やかでたくさんの見物客とカメラマンがいましたよ♪私もカメラを持って構えていました。

カラブリアのカーニヴァルで食べられるものといったら、サルシッチャですね。
サルシッチャのパニーニなどはみんな頬張って食べています。そしてワイン!
お菓子はイタリア全土で食べられている揚げ菓子キアッケレやカスタニョーレを食べます。

カーニヴァルも終わり、お肉屋さんは繁盛しないかな?なんて思いましたが、今では普通に食べている人が実際ほとんどですけれどね!

プレセーペ・ヴィヴェンテ@カラブリア

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

プレセーペ(プレセピオ)とは、キリストの誕生シーンを人形を使い再現したもの。
イタリアのプレセーペはそれぞれとても凝っていて、水の流れまで用意しているプレセーペもあります。
日本で馴染みのあるクリスマスツリーやサンタさんとは違い、カトリックの国では、クリスマスツリーの他、プレセーペの飾り付けも各家庭では欠かせなのです。
クリスマス25日の0時を過ぎるとき、カウントダウンをしキリストの赤ちゃんの人形をプレセーペの中に置くのが習慣です。
お隣町のBorghi piu belli d’italiaに指定されている旧市街地が美しいモラーノ・カラブロで、プレセーペ・ヴィヴェンテ(人を使ってキリストの誕生を再現したもの)が面白いと聞いて、先日行ってきました。


モラーノの街自体、プレセーペの町並みそのものです。
プレセーペ・ヴィヴェンテは旧市街地頂上のノルマン城跡の周辺で行われました。
人を使って何名かが再現をしているだけだと思っていたら、大間違い。
小さなお店や鍛冶屋、食材屋、家具職人、チーズ屋、羊毛屋、エピファニアの登場人物・東方の3人の博士も待機中で、キリスト誕生時代の街並みが再現されていました。


チーズを作るときに使う型を作る職人。


カラブリアのクリスマスには欠かせないクリスペッレ屋さん。


保存食作りをしている人。


キリストの誕生シーン。プレセーペの中で一番大事な小屋です。


私が訪れたのは25日を過ぎていたので、ゆりかごの中には生後15日の赤ちゃんがすやすや眠っていました!このお二人、実際にご夫婦で、赤ちゃんが産まれたばかりなのですが、プレセーペに参加をしたそうです。
カトリックの子供・家族にとっては良い思い出、記念になるのでしょう。
東方の3博士。エピファニアに、キリストの誕生の知らせを受け、東方から神の子の誕生を見にやってきたというお話。


1月6日には誕生の小屋へ移動するはずです。
モラーノには修道院があるので、きっとその分信仰深く、修道士のお声がけでたくさんの方が参加するのだと思います。
町を歩いていて、何名かの修道士に出会い、あれ?これも衣装かな?なんて思ったのですが、あまりにも様になっていたので、少ししてから本当の修道士だった、と気づきました。
とても小さいところまで手が行き届いていて、周っていて本当に楽しかったです。
イタリアのクリスマスは、日本のお正月のように家族と過ごす最大のフェスタ。
旅行客の方は少し遠慮がちになってしまうシーズンかもしれませんが、カラブリアのクリスマスを味わいに来られるのも大歓迎です!
ぜひ本場のクリスマスを味わいに来てくださいね!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

クリスマス・イルミネーション@カラブリア

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

12月8日のイマコラータの日からカラブリアの街々でもクリスマス・イルミネーションやイベントが始まりました♪
普段の日曜日はお店は閉まっているのですが、12月に入ると日曜日でも営業しているお店がカラブリアでも多いです。
プレゼントを買うことが増えるので、お店も稼ぎ時ですね。
洋服店などのショーウィンドウもクリスマスの飾りつけをしているので、それを見て周るだけでも楽しい季節です!
私の住んでいる小さな町でも、イルミネーションや路面店なども出ていて、賑わっています♪




北イタリアの可愛らしいクリスマスマーケット、とまではいきませんが、田舎町でも今年は可愛らしいお店が出ていました。


サンタさんの格好をした演奏団などもいて、お散歩していて楽しかったです♪


いつもは人気の少ない町ですが、こういうイベントがあるとたくさんの人が集まります。
毎週こういうイベントがあれば楽しいのに、、、、と思いますね♪
もう少しでクリスマス!クリスマスの郷土菓子を作らなくては~、プレゼントを用意しなくては~、、、!!汗。
素敵なクリスマスをお過ごし下さい、、、 Buone Feste!!!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

最高の天気が続いている今年の11月♪

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

とーっても温かく天気の良い日が続いているカラブリア。
天気の良い日曜日、海辺に住む友人のお宅にお邪魔してきました。
車で走っていても日差しが熱い!
サイクリングを楽しむ人たくさん。
波の少ない場所では、カヌーやフィッシングしている人もたくさん。
シモーネも久しぶりにフィッシングに出かけていきました!
そんなときは私も気兼ねなく、お友達とひたすらトークを楽しめた日曜日。
午前中はみんな太陽の下、元気に遊ぶのがいいですね!


こんな素敵なポートまであって、大人も子供も思いっきり遊べます!


天気が悪いときはひたすら家の中で過ごすことになるので、太陽がある時は思いっきり外で遊ぶ。
健康だな~幸せだな~なんてリラックスできた日曜日。
お世話になっているので、手作りのボッコノッティを作りました。


そしたら、お返しにこんなにたくさん頂き物をしてしまいました、、♪


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

30年以上前にあった線路に沿ってお散歩♪

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

夏になると自転車を使う人が増えるイタリア。
寒くなると自転車を使おうなんて人がほとんどいないのが南イタリア。
義妹が住んでいるフェッラーラは特に冬でも自転車を使う人が多いので有名だそうで、
夏だけでないそうですが、南イタリアは夏だけですね。。。笑。
今年は私の住む町では、特に自転車ブームでした。
というのも、30年以上前に閉鎖してしまった鉄道の線路を、ウォーキングやサイクリングを出来るように整備したのです♪
先日もポッリーノ国立公園のことを少し書きましたが、初心者が楽しめる施設がないのが悲しいと、、、。
この道を整備してくれたのは、本当にカストロヴィッラリ市に感謝をしたいくらい素敵なものです。
普段は市役所や政治家の文句しか聞こえて来ませんが、この仕事だけはみんな大満足。
カストロヴィッラリからお隣町のモラーノ・カラブロまで徒歩で往復2時間半~3時間の距離です。
上り坂も急すぎず、ちょうどいい!線路はつづくーよ、どこまでも♪




このあたりは少し空気がひんやり。登ってきました!


お隣のモラーノが見えてきました。午後は少し暗いですが、午前中は旧市街地に日が当たり、とても綺麗な町です!


当時、内陸の山間部を走る電車は、とても素敵なものだったのでは?と思います。
今回はほんの一部を覗いただけですが、絶景で大満足でした。ちょうどいい運動になりました!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリア州中部、シッラ国立公園へ♪ 新鮮なポルチーニ茸!!!

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

今年の夏は本当に暑く、(まだ夏が続いていますが、、)お休みを取った日は、早朝の涼しい時間に海に行ったり、山に涼みに行きました。
8月の下旬、カラブリア州の中部に位置するシッラ国立公園へ行きました。
基点にしたのは、標高1300mのカミリアテッロ(Camigliatello)、中部都市コセンツァから車で30分ちょっとです。
太陽の日差しは強くとも、空気がひんやりしていて気持ちいい!
町外れには食材のメルカートが!!!


ここは新鮮なポルチーニ茸、シッラのじゃがいも、そして美味しいチーズ工房がたくさんあります。カッチョカヴァッロ・シラーノが有名です。
質がいまいちなポルチーニは1キロ10ユーロで売っていましたが、私たちはちょっと高くても新鮮なものを選びます!!! 1キロ15ユーロ!この質でこの値段はかなりお得!!!


のどかな風景~。空気も涼しいし、美味しいものを食べて、時間に制限されずゆーっくり出来ました♪


これが山から持ち帰ってきた美味しいもののひとつ、ポルチーニ茸。


どうやってこの新鮮なポルチーニを食べようか、料理人のアンドレアと考え、まずはクルード!生!




そしてやっぱりタリアテッレのポルチーニパスタです!!


そのほかにも美味しいからーい唐辛子、カッチョカヴァッロ・チーズ、などなど、美味しいものをたくさん仕入れてきました♪
こういう産地の美味しいものを買うと、大満足。なんだかリッチになった気分にもなります(笑)
海から山まで、美味しいものがカラブリア州にもいっぱいです~!!!!
痩せられないはずです、、、(苦笑)
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

今年も国際フォルクローレフェスティバル

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

毎年、8月中旬に行われる国際フォルクローレ・フェスティバル!
例年夏になると都会から帰省してくる人が多く、人口が増えるカストロヴィッラリですが、今年の夏はとても暑くみーんな海に行っちゃった感じで、昼間も夜もとても閑散としていました。
ピッツェリアやレストランも、1週間程度休みを取るところが多かったです。
カストロヴィッラリは海まで30km程度ですが、それでもセカンドハウスを海に持っている人が多いのです。
不景気!なんて嘆いていますけれど、二つ・三つと不動産を持っている人多いのが実情。。
国際フォルクローレ・フェスティバルは8月15日過ぎに毎年行われるのですが、このフェスティバルには海に行っていた人が街に戻ってくるのか、やっと賑わい返します。
このフェスティバル、様々な国からやってくるので、見ていて本当に面白いです。
今年はインド、アルゼンチン、コロンビア、ブラジルと南米が多かったですね。






今年は食べ物屋台がたくさん出ていました!ゼッポラ(ゆるいパン生地を揚げたもの)はお祭りの定番!


魚のフリットもありました!地元の料理学校の先生が出していて、カラッと揚がっていてとても美味でした。


その他にもちょっと南米風料理を出していたりしましたが、特に賑わっているのはサルシッチャのパニーニでしたね。(笑)
4日間続くフェスティバルで、私たちも華やかな音楽と踊りと、美味しいものにつられて、何日も行ってしまいました!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

星空の下でワインを楽しむイベント@カラブリア

投稿日: コメントするカテゴリー: カラブリアのすゝめ

Calici di stelle in cantinaというイタリア各地で行われる、ワインのカンティーナで行われるイベントに行ってきました。
カラブリアの山奥にある小さな町の旧市街地の、車がやっと通れる道を通り辿り着く、この友人のカンティーナ。


古い建物ばかりで、こんなところにカンティーナがあるのか?と思った先に目に入る、素敵な空間。


性格もワインも個性的、頑固でいて柔軟な人柄な彼、ワインもシンプルで真っ直ぐ。


いつも美味しいワインだけ飲ませてもらっているので、この日はカントゥッチーニを作っていきました!


美味しいワインと素敵な空間での一夜。
山の中の街なので涼しく、ワインやデザートワイン、グラッパまで美味しく頂いちゃいました!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリアはすっかり夏モード♪

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

先週まで少し肌寒い日もあったのですが、週末からすでに春を通り越して、夏?という気候が続いています。
もうさすがに5月なので、寒さはぶり返さないと思うので、衣替えを少しづつ始めました。
この時期のイタリアはとっても美しい。見慣れた景色でも、野生の花々の香りに色の鮮やかさに心を奪われます!
山に咲いている野生の花々。美しすぎます!


先日出かけたレッジョ・カラブリアの山から見える景色。


遠くシチリア島のエトナ山が見えました。


駆け足でめぐったので、もう少しゆっくりレッジョ・カラブリア周りたいな~と思いました。
カラブリア北部に住んでいるので、同じ州といってもやっぱり遠いレッジョ・カラブリア。
素敵な出会いもたくさんあり、改めてカラブリア好きになりました。
カラブリアの人、私は大好きです。生きるのも仕事するのも上手くない人多いけれど、情熱を持って生きている。
それがカラブリア人かな、と気づきました。
改めて、熱いカラブリア紹介していきたいと思います!!
おまけ。
今日も暑かったので、海水浴をしている人がいました!もう気分は夏モード♪

↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリアのカーニヴァル♪

投稿日: 8件のコメントカテゴリー: カラブリアのすゝめ

私の住んでいる町のカーニヴァル(謝肉祭)が、今年も行われました♪
カーニヴァルは毎年復活祭の46日前の火曜日に終わり、翌日「灰の水曜日」から復活祭の前日の土曜日まで、お肉を断つ期間の始まりです。
この期間を四旬節(クアレージマ)と呼び、始まる前にサルシッチャやお肉をたらふく食べちゃおう!というのがカーニヴァルのはじまり。
クレージマ期間は、質素にキリストの受難を受け入れるように過ごし、復活祭でやっとお肉を食べてお祝いします。
美しい仮面やお洋服で仮装する人も多く、子供たちのかわいい姿を見て癒されるのですが、食いしん坊の多いカラブリア地方では(笑)サルシッチャを食べつくすのが目的の人が多いです。笑
お手製の美しい仮面も売っていました!


毎年雨や雪、寒いことがほとんどですが、今年は比較的暖かかったのが、救いでした。


友人マルコの子供が参加した、ニモのグループ♪


日も暮れてきたときに登場したのが、「大人のグループ」


地元の民族衣装とダンスを踊り、ここでは行列に参加しながら、サルシッチャを焼いて食べて、ワインを飲んではしゃいでいるグループ。
これぞ、カラブリアのカーニヴァル!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村