日曜日のアグリランチ@カラブリア

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

ここ最近、気温がグッと下がってきたカラブリア。
夕方から夜は、冬コートが必要になってきましたが、太陽のある昼間はまだまだ暖かい♪
先日お友達家族と、彼らのおススメのアグリに行ってきました!
ネットや広告より、口コミ情報が一番有力のイタリアで、特にアグリについては人が勧めるところに行くと、まちがいなしです!!
天気がとっても良い日曜日で、少し早めにアグリにつくと人の気配があまりなかったので、
「予約しなくても大丈夫だったね♪」と安心していたら、なんと満席、、、、!!
広々している店内だったので、急遽私たち用に席を作ってくれました、、♪
お庭には子供用のブランコや遊びがたくさんあって、その上ロバさんまでいました!
のどか~。


熟した巨大なオリーブオも♪こんなに大きいオリーブはきっと食用でしょうね。巨峰みたいです。


この日は珍しくフルコールで!まずはアンティパスト。


キノコのタリアテッレ・パスタ。手打ち感が出ていますね~。


メインは牛肉のタリアータ。ルッコラとパルメザンチーズ、そしてバルサミコ酢がさっぱりさせてくれる1品。


後はデザートにエスプレッソ、、、。もうはち切れそうでした、、、。
この辺りのアグリは、料金は定額と言うところが多いので、選ばずに食べてしまうんですよね。
家まで歩いて帰りたいくらいお腹いっぱいでしたけれど、のんびりリラックスして過ごせるおススメアグリです♪
こんなに可愛い子犬ちゃんたちまでいて、癒されました~!!


↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

自家製、野生のフィノッキオのリキュール♪

投稿日: 5件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

カラブリアのこの辺りでは、野生のフィノッキオ(フェンネル)が一面に育っています。
野生のフェンネルは種の部分がとても香り高く、生サルシッチャ、サラミ、オリーブの保存などに使われるカラブリア料理では外せないハーブの1種です。
去年友達のお宅で、野生フェンネルのリキュールを飲んでとーっても美味しかったのが忘れられず。
今年はお試しに少量、作ってみました♪
野生のフェンネルを摘んできて、軽く水洗いして乾燥させます。


アルコールに2~3週間ほど漬けておきます。


シロップを作ってしっかり熱が冷めてからアルコールと混ぜ合わせて、漉したもの。


フェンネルの味がしっかりしたリキュールに出来上がりました♪


フィノッキオ(フェンネル)のリキュールは、フィノッキエットと言います。
フィノッキオという言葉はイタリアでは、ゲイという意味もあるようで、友達に「自家製フィノッキエット味見してみる?」と聞くと、ジョーク好きのたいていの人が、ふざけて女性っぽく返事してくれます(笑)
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

お気に入りのロサ・マリーナ♪

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

最近南イタリア・カラブリアもやーっと秋めいてきました!
今年は9月中旬まで35度を超える夏日が続き、いきなり涼しくなり秋になりました。
いつも急すぎます、、、!!
まだ暑かった頃、久しぶりに友人に会いに、ティレニア海に出ました。
途中大好きなロサ・マリーナを売っている工房を訪れました!
この漁師の町には何件か同じようなお店があるのですが、私はここのお店がお気に入りです。塩加減とパプリカ、唐辛子の美味しさが格別です!
昔はネオナータ(稚魚)を使っていたのですが、現在は基本的にネオナータ漁が禁止されているので、Pesce Ghiaccio(冷凍の魚)を使用しているところがほとんどです。
一時的に漁を解禁したときなど、漁師の奥さんなどはネオナータを使ってロサ・マリーナを作る人がいるくらいですね、、、。
美味しさの秘密はパプリカ・唐辛子にあり!


工房に入ると、お魚の発酵の香りが。こんな伝統的な木製のバケツで売られています♪




町の中心広場には海の神様、ポセイドンの像。力強く、美しい像。


その後、暑くて早く海に入りた~い、と友達のLidoへ!


カラブリア州に2つしかない島のひとつ、Isola di Dino(ディーノ島)


リラックスしすぎて、シモーネなんかいびきをかきながら寝ていました(苦笑)疲れてるのね~!!
シモーネのウェットスーツを使っている人が多いので、「あぁ!君がSimonsub!」なんて言われていました。
地元ではちょっと名が知られてきているのかもしれませんね!嬉しい限り♪
海でのリラックスした休日を過ごし、夜ご飯はもちろんロサ・マリーナを!!




のんびり過ごし、美味しいものを食べて、幸せな休日でした!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

今年は見つけました!オリーブドルチェ♪

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

毎年秋の初め頃に見かける「オリーブ・ドルチェ
普通の緑色のオリーブは、渋抜きしないと食べられない程苦く、
黒オリーブも塩漬けで乾燥させて食べるのが普通ですが。
このオリーブ・ドルチェはそのまま口にしてもあまーくて美味しいのです!
去年はオリーブが不作でしたので、このオリーブドルチェも見かけなかったんですよね。
今年は9月でもまだまだ南イタリアは暑く、夏日和。
9月早々メルカートで見つけました♪


そのまま少しのオリーブオイルとフライパンで炒めてもOKですし、下茹でしてから軽くフライパンで炒めてもOK。


今年は緑色のまだ若いオリーブもあったので、下茹でして、軽くいためる方法で頂きました!


乾燥パプリカも合わせて炒めるのは、カラブリア風でしょうね!
オリーブから出るオイルで乾燥パプリカもカリッカリに仕上がるので、とっても美味しいです!
一年のうちのほんのわずかな時しか見かけないオリーブ・ドルチェ。
少し多めに買って、下茹でして冷凍保存してしまいました!
これて時々、これからもオリーブ・ドルチェ楽しめます!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

シッラ国立公園のアグリでランチ!

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

シッラ国立公園の玄関口の町Camigliatelloはホテルやおみやげ物屋さん、食事どころが並び、観光客がたくさんいました。
冬はスキー場もあるので、夏だけでなく冬も楽しめるのがシッラ国立公園のよい所。
私の住むカストロヴィッラリ周辺にある、ポッリーノ国立公園は手付かずの自然が残るのがよい所だけれど、アウトドア初心者でも楽しめる何か施設がないのがもったいない。
登山ガイドはたくさんいるので、自信がない人はガイドと行くのをおススメします。
さて、Camigliatelloからもう少し先に行った場所の素敵なアグリツーリズモで食事をとりました。
アグリに続く道からは、たくさんの牛さんの群れが。


ここシッラ国立公園はカッチョカヴァッロ・シラーノというチーズが有名です。
最近は外ではあまりパスタ類を食べなくなりました。前菜とメインが食べたいので、今回もパスタ抜き。
前菜の盛り合わせ。チーズが本当に美味しい!


シモーネとシェアで、カッチョカヴァッロ・チーズのグリル焼き。美味しい~けど、この厚さ!ヘビーです(笑)


 
シッラ国立公園のじゃがいものフライ。甘みがあってとっても美味!


グリルのお肉。焼き加減もグー♪


お腹もいっぱいになって、空気は涼しいお庭で昼寝をさせてもらいました。
お庭にあったチェリーの木。空気が涼しいからでしょうか、まだ実がたくさんついていました!


南イタリア・カラブリア州もこうしてみると、海の幸・山の幸と本当に美味しいものいっぱいです。
こうしてゆっくり住んでいると、本当に贅沢で幸せな生活が出来ているな、と実感しました!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

夏の恒例イベント、保存食「ナスのスカピーチェ」づくり

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

今年もナスの季節がやってきました!
ナスは一年中売っていますが、この季節巨大なナスが安売りするのです。
この時期がナスの保存食、スカピーチェ作りの最適な季節です!
今年は毎年お世話になっているメルカートのルイジさんから、なんと10ユーロでこのナス、、、!!


ちょうど祝日フェッラゴストの前の最後のメルカートの日に行くと、
「明日はもうメルカートに来ないし、誰かにあげるのももったいないし、、、全部で10ユーロでいいよ!」
と、車のタンクに逆に積まれてしまったのでした。
朝からひたすら切って、お酢と塩に漬けておき、水分をよく切っていきます。


味付けをし、瓶に詰めて、上にオリーブオイルのふたをします。


これで、1年は美味しく頂けます。
今年も普段お世話になっている大切な人がたくさんなので、おすそ分けで自分たちに残るのはおそらく4瓶くらいかな、、、と。
人が集まるときにスカピーチェや保存食があると、重宝するんですよね!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

ズッキーニの花のフリッテッラ

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

先日、家庭菜園をしているお友達から、大量のズッキーニ(ズッカ:かぼちゃ)の花を頂きました。
この時期メルカートでも売っていますが、畑をしている人が多いので、おすそわけで頂きもののほうが、
私の住んでいる地域では多いと思います。
この辺りのレシピでは、フリッテッラ(てんぷら粉)に付けて揚げるだけという、簡単なレシピと、
お花の中にアンチョビとチーズを詰めて、てんぷら粉に付けて揚げる食いしん坊レシピと二つあります。
私とマンマはもちろん『食いしん坊レシピ!』(笑)
作り方はとっても簡単。
お花の雄しべ、雌しべをとり、水で洗って乾かして、アンチョビとチーズを小さく切って花の中に詰める。
詰め物をしたら、中身が揚げるときに出てしまわないようにねじりながら、てんぷら粉を付けて揚げるだけ。




今年の夏、イタリアは本当に暑いです。。。
夜も30度越え、、、。エアコンがない人は眠れないですよね。。
こんな暑さでも美味しい揚げ物なら、イケちゃうんですよね~。
だから夏でも痩せないんですけど、、、!!!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリアに戻りました!

投稿日: 10件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

先週の日曜日に、カラブリアに戻ってきました!
やはり旅立つときは悲しくなりますねー。
なんだか心の一部を日本に残してきている気がします。
けれど、カラブリアにも心の一部があるんです。
帰ってきてからとっても優しいシモーネ。
このわずかな期間を上手く使いたいと思います、、、!!笑
さて、戻ってきてからは時差ぼけで朝4時半に起きる生活が始まり、このまま早起きになるかも??なんて期待していたのですが、すぐにまた目覚ましを使う生活になりました。
カラブリアは暑い日があったり、若干涼しかったり。でも天気のよい季節ですね!
帰ってきてから1週間、昨日マンマと手打ちパスタを作りました!
日曜日に手打ちパスタ。カラブリアに戻ってきたなーと実感してしまったのでした!




小麦粉と水だけで作る、ニョッキ。彼女の作る形はまさに、ニョッケッティ・サルディ(サルデーニャ島の小さいニョッキ)ですね。
モチモチしてスーゴに絡むと、、最高です!!
いつもパスタは写真に収められるのですが、ソースと絡めてお皿にのせたところで写真撮りそびれます。
早く食べたくて食べたくて、、、忘れてしまうんですよね!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリアの郷土菓子、ボッコノッティ(Bocconotti)

投稿日: 8件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

復活祭(パスクワ)には卵の飾り付けをする習慣がイタリアではありますが、
シモーネマンマのお友達から、綺麗に色づけされたイースターエッグを頂きました。
いつもクリスマスやパスクワの前に、おばあちゃんやおじさん達には用意していたのですが、
意外な方からのプレゼントだったので、お返しを用意していなかったのです、、!
フェスタ期間が落ち着いてから、カラブリアの郷土菓子ボッコノッティを作って持って行きました。
このボッコノッティはカラブリアのカップケーキ。モルマンノという山の町がボッコノッティで有名な場所です。
いろんなレシピがありますが、最近はこのボッコノッティ、マーガリンやバターではなく、ラードを使います。
ラードを使うことで、よりサクサク感がアップするのです!




今回は、ブルーベリーのジャムを使いました。
ブドウやベリー系のジャムを使うのが伝統で、ブリキの小さい型を使ったのですが、モルマンノのお菓子屋さんで売っているのと同じように出来ました!
生地はPasta frollaなので、大人から子供まで誰もがもらってうれしいお菓子。
喜んでもらえたでしょうか?
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

今日はパスクワ!

投稿日: 4件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

クリスマス休暇に比べて、パスクワ(復活祭)の休暇はとても短いのですが、フェッラーラに住むシモーネの妹と、姪っ子ちゃんが帰省してくれました!
今日のパスクワは親戚のお家でお食事会。
そしてパスクワの翌日の月曜日は、パスクエッタ。どこかにお出かけしようと検討中です。
去年はナポリで習ったカサティエッロを作ったのですが、今年はカラブリアらしく、ブリオッシュパンのパスクワのお菓子、クッドゥルーノを作りました。
(場所により、クッツゥーペとか多少名前が変わります。)




かなりBen cotto(少々焼きすぎ)ですが。。。笑
ギリギリセーフで、パスクワの準備も整いました!
素敵なパスクワをお過ごしください!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カラブリアの青年からもらった自家製からすみ

投稿日: 6件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

シモーネの仕事柄、漁師やフィッシング好きの友人が増えています。
特にカラブリア州にはウェットスーツを製造している工房がないため、地元のお客さんが多くSimonsubファンが増えていっているのがうれしい。
私は忙しくなると、頭の中で仕事と家のことと、アソシエーションのことと、余裕がなくなっていくタイプなのですが、シモーネはというとお客さんの対応にも友達関係にも余裕をもって接しています。
その代わり、期限が迫り、日曜日までも休みなく働いているんですけどね。
工房なので、仕事しているところにお客さんが来て、南イタリア人特有話が長く、オーダーもらっている仕事が先に進まない!
ここが問題なんですけど、接客業なので、お客さんのフィッシング話しもしっかり聞いて、自分の経験まで話しちゃうシモーネ。
彼も南イタリア人。
年末の忙しい時期、今日中に全部仕上げて明日送付するぞー!と意気込んでいた日に、友人のある青年がやってきました。
ちょこちょこお店に来てくれて、彼は海沿いに住んでいるので、シモーネがフィッシングに時々行けるときの、海の様子を知らせてくれる彼。
いつの間にかお客さんというより友人の一人になりました。
彼はそんなにいい仕事をしているわけではないのですが、南イタリア人特有のおおらかさがある。変にいったら野心家ではないだろうけれど、彼の年では珍しいおおらかさ。
いつもお店に来ると、仕事が忙しくてフィッシングに全然行けないシモーネをからかっているんですけど。
大体お客さんや友人が来ると、バールへカッフェや何かのみに行くのが普通で、
青年ミルコから「ユミも行こうよ!」と言われ、それどころじゃない、、、と心の中で叫びながら私は行かず、シモーネとミルコだけで行ったのですが。
バールから帰ってきたら、彼は大きな魚と自家製のからすみを持ってきてくれました。
南イタリアでは、お世話になっている人に季節の挨拶に行く習慣があります。
ミルコはこの日なーんにも必要ではなかったのに、お店にやってきて、自分で獲った魚とからすみを持ってきてくれたのです。
このとき、思いました。
自分の小ささ。。。人との付き合いも一期一会。一度間違ったら後には戻れない。
そんなことを考えながら、頂いたミルコの自家製からすみのパスタ。


からすみはボラの卵を使うのが通常ですが、これはスズキの卵を使ったからすみ。
デリケートな味でとっても美味!


シンプルにオリーブオイルベースのパスタにしました。


お金では買えない美味しさをありがとう。
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

イタリアの父の日、サン・ジュセッペ

投稿日: 12件のコメントカテゴリー: カラブリアの食卓

3月19日はイタリアの父の日です。
聖人ジュセッペの日で、ジュセッペはキリストの父として知られているため、ジュセッペの日=父の日、となっています。
それに加え、ジュセッペという名前の人の第二の誕生日、オノマスティコです。
「オノマスティコおめでとう!」とおめでとうもします。
うちはちょうど、義理父がジュセッペという名前なので、オノマスティコ+父の日なので、しっかりお祝いします♪
カラブリア地方では、前日18日の夜には、町の至るところでフォカリーナ(焚き火)をし、
サン・ジュセッペと春の訪れをお祝いします。
この焚き火をみると、そろそろ春だな、とカラブリアの人たちは実感します。


フォカリーナの周りには屋台があって、カラブリアの郷土料理ラガネ・エ・チェーチが振舞われます。


今年は、地元のボーイスカウトグループがオーガナイズしたフォカリーナに行ってきたのですが、このラガネ・エ・チェーチはとっても美味!
他にも生サルシッチャのパニーニ、ワインなどがかなりお手ごろ値段で振舞われ、食いしん坊のシモーネは同じく食いしん坊のマルコと、屋台を行ったりきたり。
子供たちも冬場、家にこもって生活していたので、フォカリーナの広場を駆け回ってはしゃいでいました。
そしてサン・ジュセッペの日のお菓子は、なんと言ってもこれ。ゼッポラです。
焼きシュークリームにアマレーナというさくらんぼのシロップ漬けを乗せるのが特徴。


なんと今年は手作りしました♪ 多めに作ってお世話になっている人におすそわけにいって来ました。
義理父も喜んでいたのでは?マイペースで自由でな人なので、喜びもあまり見えないのですが(笑)
なにより今年はとっても美味しく出来たので、私が一番満足しましたけどね!
↓クリック頂けたら励みになります!グラッツィエ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村