Domenica delle Palme

投稿日: カテゴリー: カラブリアのすゝめ

パスクワ(復活祭)の1週間前の日曜日は、Domenica delle Palme(枝の主日)という
キリスト教のお祝いの日。
キリストがロバに乗り、エルサレムに入城したことを祝う日であり、民衆がシュロの葉を振って歓迎したことから、現在でも復活祭の前の日曜日、教会ではミサの後にシュロの葉やオリーブの枝を受け取る日である。
親戚の子は、オリーブの枝何本かまとめたところに、イースターの卵形のチョコレートを付けて、飾り付けをしていたり、なるほど。
毎年新しい発見があります。
こういうキリスト教の行事ごとが近づくと、誰の家族とどこで、誰が何を用意するか、とかマンマと話をするのですが、日本みたいに事が、食事が、チャッチャと進まないから、拘束時間がとっても長い。
マンマといつも行事ごとを共に過ごす、マリアの家族といつもの決まったメンバーでの食事。
Domenica delle Palmeの分担は、私とマンマ。
朝8時から12時まで、次から次へと料理をし、身支度をし、コセンツァ(Cosenza)のシモーネの妹のお家へ。ゆっくり、じっくりお話をして、食事をし、夜まで永遠と続く・・・
1週間後のパスクワ(復活祭)は、今度はマリアのお家へ。※1週間前と同じメンバー
今度は用意しなくていいけれど、注)マンマはドルチェを作ると考えていて、彼女が作るなら、私も手伝うのがほぼ当たり前。 (マンマのドルチェは買うより美味しいから、食べれるのは嬉しい[#IMAGE|S6#])
翌日のパスクエッタは・・・・もういい加減にして・・・と絶対思うので、パスクワの午後から友達カップルと1泊で出かけよう!と計画中。
プーリアもいいなぁ、バジリカータもいいなぁ、と一人で妄想しております。
他の地域では、クリスマスは家族と、お正月は友達と、パスクワは旅行へ。
という流れが多いみたいだけれど、ここは断然どれも家族。
この先も、うまく逃げれる道を用意しておかないと、大変・・

Domenica delle Palme」への14件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    何もかも、いつもずっと自分達夫婦だけでなく
    その家族も一緒っていうのが息が詰まりそうです。
    私だったら務まりません(汗;)
    yumiちゃんは偉い!逃げ道をたくさん作って下さいね(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    さくらさん
    日本だったら、お正月1日くらいですみますよね・・・
    しかも朝から晩までなので、その日は丸一日潰れます。
    慣れなきゃと思いますが、やっぱり逃げ道を探してしまいます・・(汗)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    月曜日(パスクエッタ)は完全休養日にしたいですよね・・。
    休養日というか、休肝(胃)日?

    我々もパスクァに間に合うようにコセンツァに戻ります。
    我が家はPastieraが定番なんですが、YUMIさん家ではいかがでしょう。マンマのドルチェ、気になります~♪

  4. SECRET: 0
    PASS:
    erieriさん
    確かに~!! 休肝(胃)日が必要!!
    パスクエッタはどこかへ出かけないと・・・マンマはパスクエッタに私達がいないのも、寂しそうですが・・・(汗)
    erieriさんもコセンツァ戻られるんですね★
    うちは毎年bigne(小さなシュークリーム)です♪Pasticceria並に、いろんな味のクリームを作るので、大変!でも美味しいので・・・いつも手伝います!

  5. SECRET: 1
    PASS:
    我々は22日~26日までコセンツァにいます。
    27日ボローニャに向け出発予定。
    スケジュールがちょっとタイトなんですが(汗)、YUMIさんのご都合がよろしければお茶しませんか?
    コセンツァでもお住まいのカストロビレリでもOKです。

    メール snb12567@excite.co.jp
    携帯 3298046307

  6. SECRET: 1
    PASS:
    こんにちは!初めてコメントします。カラブリア出身の夫と二人の子供がいます。実は今回の地震でイタリア大使館からの帰国勧告を受けて、夫の実家にきて早一ヶ月になります・・。ゆみさんのブログは日本に
    いる時に偶然見つけて、時々お邪魔させて頂いていました。

    夫は仕事の為に東京に戻ったのですが、私達は夫の判断を来月迄待
    ち、もしかしたらこのままこちらに移住という事もありそうです。
    ああ、バカンスでは大好きなイタリアですが、子供の学校、経済難、私
    の未来全て前途多難です。。震災の方々を思えば私の悩みなど小さな
    物ですが、やはり異文化の家族の行事どっぷりの生活は私には辛い
    ものです。でも夫の家族は素晴らしい人達で彼等の為にも私がめそめ
    そしてては失礼なので頑張ろうと思います。

    こちらはVIBO VALENTIA なので、カストロビレリは地図と見ると
    随分遠そうですね。もっと近かったらお喋りもできたのにと残念です。
    ではまた。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    yukoさん

    はじめまして!コメントありがとうございます!!
    VIBO VALENTIAだと、海もすごく綺麗だし、ヴァカンスは最高ですよね!!住んでいるカストロヴィッラリからは、決して近くないのですが、夏の旅行には、必ず候補に挙がります★

    きっとyukoさん、旦那さんは日本に戻ってしまって、旦那さんの家族とお一人+お子様二人でのカラブリアの生活は、辛いものと想像します。しかも日本人的感覚だと、頑張ってしまいますものね。

    私も主人が仕事に行く時は、いつも一人で主人の家族と一緒でした。
    文化も違うし、人と人の繋がりもかなり濃いですからね・・・
    yukoさん、無理をしないで、自分が好きなように、納得いくように時間を過ごしてください!! こっちの人は意外に心が寛大なので、好きにしていても、受け入れてくれる人が大半です。

    私ももっとお喋りができたら・・と残念です。それでも、旦那さんがイタリアに戻られたり、ご家族がイタリアに住まれることになったら、お会いできることを、期待しています!
    距離はありますが、同じカラブリア州!一緒にいろんなお話がしたいです★

  8. SECRET: 0
    PASS:
    早速のお返事ありがとうございました!お義母さんに聞いたらカストロビッラリはやっぱり2時間くらいはかかる場所のようですね。30分位
    だったら良かったのにと勝手に残念がっています。

    お若いのに、ご家族や旦那様に歩調を合わせて毎日を大切に過されてる様子を尊敬しています。私はすっかり甘えて子供の事以外はぐうたら過しているにも関わらず、先日はプチッと切れて泣いて「どんなに危険でも日本に帰りたい」と口走ってしまい、皆を悲しませてしまいました。
    でも、良い子ぶっていてもどうせ化けの皮が剥がれるのは時間の問題
    なので、皆さんには諦めてもらって素の自分で居たいと思いました。
    日本に帰りたい。両親や友達の近くに居たい。とても辛いです。

    長すぎて送れないのでNO2に行きます。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    でも優しくフォローしてくれる家族の寛大さに感謝しています。夫は今
    一つなのですが、夫の家族は本当に人格者揃いです。
    今の所の感触だと、8割方イタリア永住の方向に夫は傾いている感じ
    なので、私としては痛恨の極みですが(子供の学校問題を含めて)もし
    そうゆう事になったら、是非夏にはお会いできるといいですね♪
    Tropea . Pizzoなどの海や街の美しさは最高ですので、是非足
    を伸ばしてください。子供は8歳の女の子と6歳の男の子です。
    親馬鹿ながらとても可愛い良い子達です。この子達にとってイタリア生活が実り多いものである事が一番の願いです。

    見ず知らずのゆみさんに長々と私事を書いてすいませんでした。
    いつかお会いできる日を楽しみにしています。お元気で!

  10. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。エリエリさんのブログから遊びに来ました。カラブリアに日本の方ってまだ珍しいですよねっ。私はフィレンツェ在住ですが夫がオリジナルカラブレーゼで海の家がチロとボバにあります。1クラス編成ぐらいの親戚もっ。あと仲よしの女の子の実家かコセンツァです。ここは確かに空気と同じぐらい人間濃いですよねー。おばさんがなーにいってんのっという時にボーボボポポポポポッって←冗談ではなく本当に。って言うんですけど私もやってられないぜっと思う時には使ってます♪ またブログ遊びに来ますっ。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    yukoさん
    yukoさん、日本ではどちらにご在住でしたか?
    もしかして、ご実家が北日本ですとか、震災の被害に遭われた地方でしたら・・・。直接被害に遭われていなくても、旦那さんと一緒にイタリアに来られたということも、すべてあの地震が起こったからなんですよね。申し訳ございません・・お気持ち察しせず、カラブリアに他の日本人の方がいて、嬉しい事が先走っておりました・・・。

    母国が地震の恐怖から逃れられず、また放射能の恐怖に怯えていながらも、イタリアに来られたyukoさんの気持ち、とても複雑なものだと思います。イタリア人のご主人には100%理解してもらえない、母国や家族、友達への思いがあることを、察しいたします。
    どうか無理をせず、気持ちに逆らわず、自然な気持ちのyukoさんでいてください。
    それでいなくても、ここの人達は良い風にも悪い風にも、寛大です。
    辛い、という気持ちを見せても、後まで引きずってその話をしてくる人は、少ないと思います。
    私も近いうちにお会いできたら、嬉しいです。まだまだイタリア在住年も浅い私ですが、これからも宜しくお願いします!

  12. SECRET: 0
    PASS:
    ondacalabra さん
    はじめまして!フィレンツェ在住なんですね!なんて羨ましい★
    カラブリアは、海もあり山もあり、食べ物も美味しく、物価も安く、のんびりしていて本当にいいところなんですが、ヴァカンスで来るのが一番良いですよね~!
    家族の関係も、友達の関係もすべて濃いですよね。本当に!
    「ボーボボポポポポポッ」よりかは、「ボッ」一言で終わることが多いですよ!私の近くでは。ondacalabraさんのところは、長い!
    私もondacalabraさんのブログ、お邪魔しますね♪

  13. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!子供がアニメを見ているのでその隙に書いてます。

    言葉足らずですいません。東京在住です。直接の被害が一切ないにも
    関わらず夫は大騒ぎをして、子供を守らねばとこちらに連れてこられました。東京に放射能は無いというのは理解できたようですが、今度は日本中の原発災害の心配をしていているのです。

    私も私の日本の家族も夫の思い込みでこちらに長期滞在を強いられていると、ついつい悪く思ってしまいがちですが、夫が日本の政府を信用できない気持ちも理解できるので心中複雑なのです。

    またコメントしますね♪本当にご近所だったら良かったなと思ってます。
    姪に聞いた所、2時間ではなくコセンツァまでバスで2時間そこから更に40分だと言われ、とてもお茶しに行けそうにはないですね~。残念。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    yukoさん
    ご主人の判断、イタリア人では普通だと、そしてうちの主人も同じようにしていたと思います。yukoさんのお気持ちを思うと、複雑ですが、yukoさんのご両親も、ご家族が幸せであることが、一番嬉しいことでしょうから・・。
    またブログ覗きに来てください♪平凡なカラブリアの生活をしております(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です