Ferragosto

投稿日: カテゴリー: カラブリアのすゝめ

約1ヶ月前の事ですが
8月15日はFerragostoという祝日でした
日本では終戦記念日(私の父の誕生日でもあるんですが)なので、何か意味があるかもと思い、「何を祝う祝日なの?」とこちらの家族に聞いてみると「8月15日だから祝うのよ!」と。。。意味不明な返答
自分で調べてみるともともとはAssunzione(聖母被昇天の日)という宗教的な祝日
イタリアの祝日というのは宗教的なものがほとんどで、逆に日本の「子供の日」など明確に意味がある方が逆にびっくりされます
カトリックのお話を知らない私にとっては大体の祝日の意味がよくわかりません
8月15日の少し前から「どういう風に過ごすの?」とか「一緒にどこどこに行かない?」とか家族単位で話が進んでいきました
Diodati家もいろいろなお誘いがあった中、暑い夏、涼しい山へピクニックに出かける事になりました
ピクニックなんて言葉、イタリアに来て始めて聞きました!
友達家族とそれぞれ食事を用意しポリーノ国立公園(Parco Nazionale del Pollino)に出かけました
ポリーノ国立公園はバジリカータ州、カラブリア州をまたぐイタリアで一番大きい国立公園です
標高が高く夏でも涼しいのでFerragostoにはたくさんの人、車、またマーケットまで出ていて驚きました
一度10月に来た時は車一台にもすれ違わず、しかも雪がかなり積もっていたので途中で断念した事があり、やっと今回リベンジできました
↓食事の様子


↓ほとんど私の住んでいるcastrovillariから来ているんではないか?と思うくらい知り合いばっかりです


↓ちょっと車で行くと誰もいないこんなに広大な景色




と言っても本当に大きい国立公園なので一日では主な観光スポットを見れるわけでもなく、一部を除かせてもらった感じです
Ferragostoについてですが、Ferragostoが過ぎたからそろそろ夏が終わり、働き始めるか、というふうに感じている人が多いようです
とは言ってもFerragostoが終わってもまだまだ暑いんですけどね
親戚、友達家族に聞いても大体が山の中のレストランに行ったり、海でキャンプしたり、campagna(郊外)のお家のお庭で家族揃って食事したり、日本で言う「お盆でみんな田舎に帰り親族揃って食事する」という風に感じました
Diodati家では家族揃って出かける事は最近はあまりないようなので、パパやママとゆっくり山の中を散歩したいい休日になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です